更新日:2022年1月4日

ここから本文です。

年頭所感(発表内容)

令和4年1月4日

 

明けましておめでとうございます。市民の皆さま、そして報道機関の皆さま方もお健やかに新しい年を迎えられたこととお喜びを申し上げます。

1年前は市内の一部エリアに時短要請がかけられている中で新しい年を迎えたことを考えますと、今年の仙台は穏やかな新年を迎えています。しかし、国内に目を転じますとオミクロン株の市中感染が各地で確認をされていて、今後の広がりも懸念をされるところです。今年も強い危機感を持ちながら、皆さまの安全・安心が確保されるようにワクチンの3回目接種の速やかな接種など、全庁一丸となって新型コロナ対策に取り組んでまいります。

先ほどの職員への訓示でも申し述べたところですけれども、令和4年、今年の抱負を1文字で表すといたしますと、この「開」(ひらく)という文字を選ばせていただきました。市民の皆さまお一人お一人が活躍の扉を「開く」ことができる年にしてまいりたいと思います。長引くコロナ禍で生きづらさを抱えておられる方々もいます。誰もが自分らしく生き生きと力を発揮できる仙台に向け、地域団体、NPOの皆さま方など、関係する方々と力を合わせ、さまざまなチャレンジを重ねてまいります。

また、青葉山、定禅寺通、仙台駅前、東部沿岸地域など各エリアでの数々の取り組み、そしてG7関係の会合誘致など、仙台の未来と可能性を切り「開く」1年にしてまいりたいと考えています。さらにこうした取り組みをダメージを受けた地域経済の回復や活性化につなげてまいりたいと思います。

こうしたチャレンジを進めていくに当たりましては、市民の皆さまはじめ、多様な主体の方々のお力添えが不可欠でございます。今年も皆さまのご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

仙台市長 郡 和子