更新日:2019年3月29日

ここから本文です。

楽学(がくがく)プロジェクト

楽学(がくがく)プロジェクトとは

「自分づくり教育」の一環として,市内小中学生を対象に,夏休みに様々な職業のプロから話を聞き,将来の職業について考える機会を提供しています。
講師のみなさんは,すべてボランティアです。また,運営もボランティアのみなさんの協力で実施しています。

平成30年度楽学(がくがく)プロジェクトは平成30年7月26日(木曜日)・7月27日(金曜日)に終了しました。

平成30年度の講座

講座数:45講座
募集定員:1,260名
応募者数:2,305名
受講者数:1,291名

平成30年度楽学(がくがく)プロジェクト講座記録集

楽学(がくがく)プロジェクト講座記録集(PDF:3,052KB)

平成30年度楽学(がくがく)プロジェクト委員会について(敬称略)

平成30年度楽学(がくがく)プロジェクト委員会

委員長

山口 哲男

副委員長

相澤 文典(仙台市立袋原小学校校長)

久保木 潤子(学校支援地域本部スーパーバイザー)

岡本 浩行(学校支援地域本部スーパーバイザー)

針生 真由美(仙台市PTA協議会)

委員

仙台市PTA協議会,仙台市嘱託社会教育主事,社会教育施設職員等

当日運営ボランティア数

嘱託社会教育主事(教員):65名
嘱託社会教育主事OB:5名
仙台市PTA協議会(保護者):21名
ジュニアリーダー:18名
社会教育施設職員(市民センター,図書館等):24名

講座の様子

平成30年楽学プロジェクトの様子

食器のセッティングやサービスの仕方などについて教わっている様子の写真です。

専用の粉を空き缶などにつけ、指紋の取り方を教わっている様子の写真です。

ウェディングプランナーの仕事

警察の仕事

WEBプログラムに文字を入力しておみくじソフトを作っている様子の写真です。

トマトの特徴について実際に葉や実を見ながら説明を聞いている様子の写真です。

コンピュータの仕事

農家の仕事

パン生地を捏ね、トッピングを工夫しながらピザを作っている様子の写真です。

赤ちゃん人形を使って、おむつの当て方を体験している様子の写真です。

パン作り教室の仕事

保育士の仕事

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局生涯学習課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎10階

電話番号:022-214-8887

ファクス:022-268-4822