太白区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

名取川流域の自然4

秋保大滝の写真

国指定の名勝・秋保大滝

名取川は、大東岳と神室岳にはさまれた峠付近が源となっている。一帯は、県立自然公園に指定された景勝の地。川は、何百万年もの時間をかけて山肌を削り、流れ落ち、険しくも美しい渓谷を造り上げた。それが、二口渓谷。

名取川の源流からわずかに下流には、二口渓谷随一の景観で知られる磐司岩がある。磐司岩は奥州山脈から東へと延びる尾根沿いにある大断崖。位置により表磐司、裏磐司、日陰磐司と分かれる。なかでも表磐司は、高さ100メートルにも及ぶ絶壁が約2キロも続き、見る者を圧倒する。

磐司岩の岩層は、中新世から第四紀にかけてのもの。200万年をはるかに超える時間の中で、安山岩質の岩肌が、浸食により垂直に削られて出来た。

また、イワキンバイやヒモカズラなど、県内一の岩壁植物の大群落が見られるのも、大きな特徴であるという。

磐司岩の下流には、国の天然記念物に指定された姉滝。その先には二口キャンプ場と秋保ビジターセンターがある。二口温泉があるのは、この辺り。周辺にはハイキングコースもある。

二口温泉からさらに下流に向かうと、国指定の名勝・秋保大滝。55メートルの高さから、名取川の全水量が、幅6メートルの滝となって流れ落ちる。
川幅はまだまだ狭く、流れも急。美しい景色に、全く衰えは見られない。

そして、途中、名取川に沿って、鴻巣温泉、神ケ根温泉があり、やがて秋保温泉に至る。秋保温泉の開湯は欽明天皇(539~571年)のころと伝えられ、鳴子・飯坂と並ぶ「奥州三古湯」の一つ。
有馬・道後と並ぶ「三名湯」の一つにも挙げられている。覗橋からの約1キロメートルには、奇岩・怪石が並ぶ磊々峡が続く。

名取川の源流・二口峠からここまでは、奇観・絶景がつらなる自然の宝庫。絢爛、華麗な秋保の四季は、一年を通して、訪れる人を魅了する。

磊々峡の写真

奇岩・怪石が続く磊々峡

前のページに戻る

次のページへ進む

自然と遺跡のページへ戻る

お問い合わせ

太白区役所まちづくり推進課

仙台市太白区長町南3-1-15 太白区役所4階

電話番号:022-247-1111

ファクス:022-249-1131