現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 住まい > 市民向け > 住まい探し > 高齢者向け住宅 > 終身建物賃貸借制度(市民向け)

更新日:2022年3月22日

ここから本文です。

終身建物賃貸借制度(市民向け)

終身建物賃貸借制度とは

高齢者が安心して賃貸住宅に住み続けられるしくみとして、住宅の賃貸事業者がバリアフリー化された住宅を高齢者(60歳以上)の生涯にわたって賃貸しようとするときに、特別な賃貸借契約を結べる制度です。
この制度による契約は、賃借人が亡くなるまで継続し、原則として賃借人が亡くなったとき終了します。

この制度を利用して賃貸事業を行おうとする事業者は、あらかじめ仙台市長による事業認可が必要になります。
※現在、仙台市が事業認可した賃貸住宅はございません。

入居できるのは

  1. 60歳以上の方が入居できます。
  2. 同居できるのは、申込者の配偶者または60歳以上の親族です。

入居者のメリット

  • 段差のない廊下や浴室の手すりなど、バリアフリー構造が備わった住宅に住むことができます。
  • 契約期間は一生涯になりますので、安心して暮らせます。
  • 希望があれば、実際に入居契約を結ぶ前に、1年以内の仮入居ができます。
  • 家賃を一括で前払いし、契約期間の途中で退去した場合、前払金の保全措置がとられているため、過払い分の家賃は返ってきます。
  • 不当な理由で退去を迫られる心配はありません。(住宅の老朽化や入居者が契約上の義務を行わない場合を除く)
  • 契約の名義人が亡くなった場合でも、同居されている方は1カ月以内に同様の終身建物賃貸借契約を結ぶことができます。
  • 賃貸住宅事業者が終身建物賃貸借事業を止めた場合でも、その前に結んだ契約は効力が存続します。

 

お問い合わせ

都市整備局住宅政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8306

ファクス:022-268-2963