現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 消費生活 > 消費者市民社会・市民協働 > 平成29年度消費生活パートナーフォローアップ講座を開催しました

更新日:2017年11月6日

ここから本文です。

平成29年度消費生活パートナーフォローアップ講座を開催しました

平成29年10月12日(木曜日)に消費生活パートナーの皆さんを対象とした「消費生活パートナーフォローアップ講座」を開催しました。
今回は、悪質商法の最新手口について紹介したあと、認知症サポーター養成講座と情報交換会を行いました。

日時 平成29年10月12日(木曜日)13時15分から16時45分まで
場所 エル・パーク仙台 セミナーホール                               

講座「悪質商法の最新手口を知ろう!」

講師:消費生活センター相談員
内容:消費生活センターの最近の相談の概要と被害の多い悪質商法の事例と対処方法をご紹介しました。                                                    (特殊詐欺、仮想通貨への投資、訪問販売、訪問購入、通信販売、マルチ商法など)

講座「悪質商法最新手口」

講座「認知症を理解しよう!-認知症サポーター養成講座-」

講師:仙台市健康福祉局地域包括ケア推進課認知症対策担当課長
内容:地域での見守り活動の参考とするために、認知症に関する正しい知識、認知症の人や家族を支援するためのポイントを学びました。                                                                                (認知症とはどういうものか、認知症の症状、接するときのポイント、仙台市の認知症施策、認知症サポーターの役割など)

講座「認知症パートナー養成講座」

情報交換会

「これまで活動してきたこと・これから活動したいこと」「パートナー活動で見聞きした消費者トラブル」「地域との関わりが少ない方への啓発の方法」について、グループに分かれて意見交換を行いました。
パートナーの皆さんからは、町内会やサークル、ボランティア活動などそれぞれの活動の場で、チラシや情報誌の配布、トラブル防止の情報提供、消費生活センターのPR等の啓発を行っていること、また、振り込め詐欺やメールやハガキでの架空請求、高齢者の訪問販売トラブルなど地域の方のさまざまな消費者トラブルについて報告がありました。地域との関わりが少ない方への情報提供の方法として、声かけや訪問などで情報提供する、町内会の回覧板を利用する、市の広報紙に記事を載せるなどのご提案をいただきました。

情報交換会

お問い合わせ

◆消費生活相談ダイヤル 022-268-7867(なやむな)
(相談時間 9時から18時まで 年末年始を除く)

このページに関するお問い合わせ
仙台市消費生活センター
電話番号:022-268-7040 ファクス:022-268-8309