現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2020年度(令和2年度) > 10月 > 新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(仙台市内491~513例目)

更新日:2020年10月31日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(仙台市内491~513例目)

市内において新たに新型コロナウイルス感染症の患者23名が確認されました。市内で新型コロナウイルス感染症の患者が確認されたのは491~513例目、県内では704~726例目となります。

1 本日業種・業態を公表した施設(4(1))における新規患者

(1)人数

10名

(2)患者について

仙台市内患者491~500

※詳細については別紙1のとおり

 

2 本日業種・業態を公表した施設(4(2))における新規患者

(1)人数

4名

(2)患者について

仙台市内患者501~504

※詳細については別紙2のとおり

 

3 その他の新規患者

(1)人数

9名

(2)患者について

  1. 仙台市内患者505(30代 女性)
  2. 仙台市内患者506(30代 女性)
  3. 仙台市内患者507(20代 男性)
    1~3の3名は、いずれも仙台市内患者482(20代 女性)の濃厚接触者
  4. 仙台市内患者508(30代 男性)
  5. 仙台市内患者509(20代 男性)
    仙台市内患者455(40代 男性)の濃厚接触者
  6. 仙台市内患者510(20代 女性)
    仙台市内患者473(40代 男性)の濃厚接触者
  7. 仙台市内患者511(30代 男性)
  8. 仙台市内患者512(30代 男性)
  9. 仙台市内患者513(30代 男性)
    仙台市内患者411(60代 男性)の濃厚接触者

※詳細については別紙3のとおり

 

4 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための情報提供

(1)仙台市内患者491から500が、仙台市内患者482および488と同一施設内に滞在していたことが確認されました。同一施設内における濃厚接触者は特定できていますが、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための県民への情報提供(呼びかけ)基準」2(2)に基づき、以下のとおり情報提供します。

  1. 施設内での感染者
    仙台市内患者482、488、491~500
  2. 施設の業種・業態
    高齢者施設
  3. 感染拡大に影響があると推測される事項
    調査中

 

(2)仙台市内患者501から504が、仙台市内患者380および453と同一施設内で接触していたことが確認されました。同一施設内における濃厚接触者は特定できていますが、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための県民への情報提供(呼びかけ)基準」2(2)に基づき、以下のとおり情報提供します。

  1. 施設内での感染者
    仙台市内患者380、453、501~504
  2. 施設の業種・業態
    職業紹介・労働者派遣業
  3. 感染拡大に影響があると推測される事項
    車で移動する際にマスクを着用せずに、十分な距離を取らずに会話をしていた。

 

別紙

別紙1_本日業種・業態を公表した施設(4(1))における新規患者について【491~500例目】(PDF:89KB)

別紙2_本日業種・業態を公表した施設(4(2))における新規患者について【501~504例目】(PDF:80KB)

別紙3_その他の新規患者について【505~513例目】(PDF:183KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915