現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2018年度(平成30年度) > 7月 > 大雨災害に伴う岡山県総社市への仙台市の支援について(7月8日追記)

更新日:2018年7月7日

ここから本文です。

大雨災害に伴う岡山県総社市への仙台市の支援について(7月8日追記)

昨日来からの大雨により大きな被害が発生している岡山県総社市より、支援物資提供の依頼があったことから至急提供を行うとともに、現地の被害状況と必要な支援のニーズを調査するため職員を派遣します。

 

1 支援状況等

 7月7日、岡山県総社市から毛布提供の要請を受け、以下の対応の実施を決定。

(1)支援物資※の提供【7月7日 17時30分出発】

  1. 毛布         約4,000枚
  2. 保温用アルミシート  約6,000枚
  3. 500mlペットボトル飲料水 約13,000本 ほか

※支援物資の最終確定値は以下のとおり。(記者発表後、トラックへの実搭載数で確認。)

  • 毛布 3,000枚
  • 敷き毛布 200枚程度
  • 保温用アルミシート 5,800枚
  • 500mlペットボトル飲料水 12,000本(7月8日 宇和島市への支援物資に振り替え。詳細はこちら※

(2)先遣隊派遣【派遣期間 7月7日~10日 予定】

  上記物資の提供と併せ、被害状況の把握やニーズ調査のため、危機管理室の職員を4名派遣。

(3)総社市と本市の関わり

総社市では東日本大震災の震災孤児の支援を目的として平成23年に「そうじゃ・宮城っ子基金」を創設。その後、平成25年6月に「そうじゃ吉備路マラソン」と「仙台国際ハーフマラソン」の連携について5年間の連携協定を締結(本年5月に5年間延長)。お互いの大会に選手を派遣するなどの交流を続けている。

 

参考 仙台市の災害時応援計画に基づく体制

  • 7月7日(土曜日)12時30分 庁内に応援連絡体制を指示

お問い合わせ

危機管理局危機管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8519

ファクス:022-214-8096