English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 展示のご案内 > 特別展・企画展(平成31年度(令和元年度))

更新日:2020年6月23日

ここから本文です。

特別展・企画展(平成31年度(令和元年度))

開催中の展覧会案内  次回展覧会予告

平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度平成29年度|平成31年度(令和元年度)

特別展・企画展(平成31年度(令和元年度))

特別展「いつだって猫展」〈終了〉
会期:平成31年4月19日(金曜日)から令和元年6月9日(日曜日)まで

猫は古くから日本人の暮らしに密接に関わり、いつの時代も人々に愛されてきました。特に江戸時代後期には現代と同じように「猫ブーム」がたびたび到来し、日常の可愛らしい仕草をする猫はもちろん、怪談話の化け猫や擬人化された猫など、様々な猫が浮世絵や歌舞伎に取り上げられました。

本展では、そうした江戸時代から明治時代にかけて巻き起こった「猫ブーム」の様子を歌川国芳の浮世絵や、絵入り本、各地の招き猫を通して紹介します。この展覧会はこれまで東海・近畿地方等を巡回してきましたが、東日本では仙台が初開催となります。

 

たとゑ尽の内 歌川国芳
個人蔵

【展覧会の概要】

 

企画展「戦国の伊達氏―稙宗から政宗へ」〈終了〉
会期:令和元年7月12日(金曜日)から令和元年9月1日(日曜日)まで

群雄割拠した戦国時代の東北地方で、最大の大名となった伊達政宗。そのルーツは鎌倉時代にさかのぼります。

本展覧会では、伊達氏の初祖・朝宗(ともむね)から歴史を説き起こし、14世稙宗(たねむね)、15世晴宗、16世輝宗、そして17世政宗を中心に、戦国時代のいくさ、領国統治、上杉謙信・織田信長・蘆名盛氏(あしなもりうじ)など諸武将との外交、神仏への信仰、文学・芸能などの多彩なテーマから、戦国時代の伊達氏がどのように東北の雄となったかをたどります。

重要文化財
塵芥集(村田本)
仙台市博物館蔵

【展覧会の概要】

 

仙台市市制施行130周年記念 企画展「やっぱり絵図がすき!」〈終了〉
会期:令和元年10月11日(金曜日)から令和元年12月1日(日曜日)まで

現在、人口108万人の人々が暮らす仙台市、その中心市街の基礎は仙台藩初代藩主・伊達政宗がつくった城下町仙台にはじまります。
本展覧会では、いろんな時代の仙台城下の絵図、現在の仙台市に含まれる城下近郊の村絵図、また仙台藩領全体を描いた国絵図などを通して、身近な地域の風景のうつりかわりをたどります。また、当館で所蔵する坤與万国全図(こんよばんこくぜんず)や城郭絵図、仙台城二の丸や江戸藩邸の絵図など多種多様な絵図も紹介します。
絵図が好きな方も、これから好きになる予定の方もぜひご覧下さい。

奥州仙台城絵図

仙台市指定文化財
奥州仙台城絵図
仙台市博物館蔵

【展覧会の概要】

 

このページの先頭へ戻る