更新日:2021年9月9日

ここから本文です。

仙台市ガス事業民営化に関する公募結果について(発表資料)

令和3年9月8日

 

仙台市では、令和2年9月に、本市ガス事業の事業継承者の公募を開始し、本年6月には応募事業者から提案書の提出を受け、仙台市ガス事業民営化推進委員会において審査を行ってきました。

このたび、委員会から審査結果について答申書が提出されたことを踏まえ、本市として次のとおり決定しましたので、お知らせします。

 

1 公募結果

優先交渉権者および次順位の交渉権者 該当なし

 

2 理由

令和3年9月7日、提案書類を審査する仙台市ガス事業民営化推進委員会から「最優秀提案者及び優秀提案者なし」との答申がなされた。

民営化後に需要家数が急減に減少するとした提案は、本市の民営化計画で掲げた目的である「ガス事業の永続的発展」の趣旨に照らして整合的ではなく、また、民営化のメリットを市民・ユーザーに対して十分に打ち出せたとまでは言えないなどといった答申の趣旨を踏まえ、市として総合的に判断したもの。

【参考】民営化推進委員会からの答申の概要(PDF:401KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ