更新日:2022年3月30日

ここから本文です。

デジタル化の推進のため市長を補佐する「CDO補佐官」を採用します(発表資料)

令和4年3月29日
まちづくり政策局デジタル戦略推進室

(直通)022-214-3058

 

本市では、令和3年6月にデジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画を策定し、目指すまちの姿として「:D-Sendai デジタルで みんなワクワク スマートシティ」を掲げ、「まちのデジタル化」「行政のデジタル化」に取り組んでいます。

このたび、デジタル化の取り組みをさらに加速させるため、CDO(最高デジタル責任者)である市長を専門的見地から補佐する「CDO補佐官」として、藤原 洋(ふじわら・ひろし)氏を採用します。本市が進むべき方向性等について、デジタル化に関する専門的見地からの助言や支援をいただき、市民の皆さまが安心・便利さを実感できる市民サービスを提供するとともに、デジタル化による地域の課題解決や魅力向上がいっそう進むよう取り組んでまいります。

 

1 任期

4月1日~令和5年3月31日

 

2 採用者

  1. 氏名  
    藤原 洋(ふじわら・ひろし)氏
  2. 主な経歴等
  • 株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長CEO
  • 仙台市×東北大学スーパーシティ構想推進協議会 アーキテクト
  • 一般社団法人デジタル田園都市国家構想応援団 代表理事

デジタル田園都市国家構想を官民連携で支援する団体

経歴等の詳細は別紙(PDF:169KB)のとおり

3 役職等  

CDO補佐官(非常勤嘱託職員)

4 業務内容

次の視点からCDOである市長に助言・支援を行う。助言等はおおむね月に1回、オンライン会議で行うことを基本とする。

  1. デジタル技術やデータの利活用による市民生活の豊かさ向上、地域の活性化等
  2. 市民サービス改革、市役所業務の効率化、職員のデジタル人材育成等
  3. このほか、デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進全般

※CDO(最高デジタル責任者)

本市では、仙台市デジタル行政推進本部の本部長である市長をCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)としているが、これまでのICT活用や情報化に加え、デジタル・トランスフォーメーションを強力に推進するため、4月よりCDO(Chief Digital Officer:最高デジタル責任者)に改称する。

CIOは、主に情報システムの運用やセキュリティ対策、ICT活用による業務プロセス改善などを担っていたが、CDOは、CIOの要素も含めデジタル化を通じて新しい業務プロセスやサービスモデルの創出、組織の変革を担う。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ