現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2021年度(令和3年度)一覧 > 3月 > デジタル化の推進のため市長を補佐する「CDO補佐官」を採用します(発表内容)

更新日:2022年3月30日

ここから本文です。

デジタル化の推進のため市長を補佐する「CDO補佐官」を採用します(発表内容)

令和4年3月29日

 

デジタル化の推進のために「CDO補佐官」を採用いたしますのでお知らせをいたします。

デジタル社会の構築に向けた取り組みを迅速かつ着実に進めていくために、本市では昨年の6月にDX推進計画を策定いたしました。この推進計画では、市民の皆さまが心豊かに幸せを実感でき、まちに活力があふれるワクワクするようなスマートシティ「:D-Sendai」を目指すことといたしましたが、このおよそ1年の取り組みを踏まえましてさらなるデジタル化の必要性を感じているところです。

デジタルは非常に専門性が高い分野でございます。これまでも通信事業者などと連携をいたしまして外部の専門的知見を採り入れることをし、この間取り組んできたところですけれども、一層の充実を図っていくために、デジタル化の最高責任者・CDOでもある私を補佐する役割の補佐官を外部から起用するものでございます。「CDO補佐官」としてお迎えをいたしますのは、株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEOの藤原洋さんです。IT企業での勤務経験ののちにインターネット関連の会社を起業なさるなど、1990年代の日本におけるインターネット黎明期をけん引されて、現在もトップランナーとしてご活躍中でございます。また、本市が東北大学と一緒に取り組んでいるスーパーシティ構想推進協議会において、アーキテクトをお務めいただいております。さらに、政府の専門家会議の委員や大学教授等を多数歴任されるなど、デジタル化に関する専門的知見が非常に豊富な方でございます。今後、オンラインでの意見交換が基本となりますけれども、本市のDX推進に関しまして、おおむね月1回ご助言をいただいてまいります。

本市が取り組むべき方向性等につきまして率直なご意見を賜り、デジタル化によってさまざまな魅力が仙台のまちで花開きますよう、CDOとして力強く推進してまいりたいと存じます。

 

仙台市長 郡 和子