更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

葉っぱ図鑑解説ナナカマド~アカマツ

ナナカマドの写真と詳細

ナナカマド バラ科

ナナカマドの葉の写真

葉っぱの大きさ およそ3cm~6cm

山地に生える落葉低~高木で高さは6-10メートルになる。材が堅く7度かまどに入れても燃え残るというのが語源だが実際にはよく燃えるという。ナナカマドの仲間はみな鮮やかな紅葉で知られ、ナナカマドは街路樹としても多く植えられている。


ナナカマドの木の写真

ハクモクレンの写真と詳細

ハクモクレン モクレン科

ハクモクレンの葉の写真

葉っぱの大きさ およそ10cm~15cm

落葉高木。中国原産で庭園、校庭などによく植えられる。葉はモクレンに似る。花期は3~4月。葉の出る前に咲く。

ハクモクレンの木の写真


ハナミズキの写真と詳細

ハナミズキ ミズキ科

ハナミズキ

葉っぱの大きさ およそ5cm~10cm

落葉高木。1915年にアメリカから当時の東京市におくられたものに始まり、公園や街路樹によく植えられる。花期は4~5月。枚の花びらのように見えるのは総包片で白色または淡紅色。別名アメリカヤマボウシ。

ハナミズキの木

プラタナスの写真と詳細

プラタナス スズカケノキ科

プラタナス

葉っぱの大きさ およそ10cm~20cm。

落葉高木。スズカケノキとアメリカスズカケノキの交配種で古くから世界各地の公園木や街路樹として植えられ、日本へは明治の終わりごろ渡来した。雑種のためかなり変異がみられる。樹皮は古くなるとはげ落ち、まだら模様になる。別名モミジバスズカケノキ

プラタナスの木

モクレンの写真と詳細

モクレン モクレン科

モクレン

葉っぱの大きさ およそ10cm~15cm

中国原産の落葉高木。庭木としてよく植えられる。花期は4月。葉よりもはやく花をつける。

モミジバフウの写真と詳細

モミジバフウ マンサク科

モミジバフウ

葉っぱの大きさ およそ8cm~10cm

北アメリカ原産の落葉高木。公園や街路樹に植えられる。別名アメリカフウ。フウは楓(かえで)の音読みから。

モミジバフウの木

ヤマボウシの写真と詳細

ヤマボウシ ミズキ科

ヤマボウシ

葉っぱの大きさ およそ5cm~8cm

高さ5~10メートルになる落葉高木。6~7月にうすい黄色の小さな花が丸くまとまって咲く。その外側に4枚の白い花びらのようなものは、葉が変化したもの。

ユリノキの写真と詳細

ユリノキ モクレン科

ユリノキ

葉っぱの大きさ およそ15cm~25cm

明治時代に渡来した落葉高木。街路樹や公園、校庭などによく植えられる。花がユリに似るというのでこの名がついた。別名ハンテンボク。

ユリノキの木

アオギリの写真と詳細

アオギリ アオギリ科

アオギリ

葉っぱの大きさ およそ15cm~25cm

落葉高木。街路樹や公園木として広く利用される。樹皮は緑色をおび滑らか。

アオギリの木

アカマツの写真と詳細

アカマツ マツ科

アカマツ

葉っぱの大きさ およそ5cm~8cm

常緑針葉樹(じょうりょくしんようじゅ)。庭や里山でよく見かける。クロマツと似ているが、クロマツよりも葉はやわらかく、幹の色は赤っぽい。

アカマツの木

お問い合わせ

建設局百年の杜推進課

仙台市青葉区二日町12-34二日町第五仮庁舎4階

電話番号:022-214-8389

ファクス:022-216-0637