秋保発、新「手しごと」の美

素材は自然から、技は季節から、心ひとびとから。秋保の懐深く、私たち9世帯の工人はここに生活しここで本物を創り、伝えたいと励んでいます。

現在位置ホーム > 工房のご紹介 > 玩愚庵こけし屋

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

玩愚庵こけし屋

伝統こけし 玩愚庵こけし屋

伝統に調和する現代の個性と情熱。

仙台こけし(作並系・通称胞吉(えなきち)こけし)は、くびれのある木地に赤と黒の2色だけで描彩したシンプルでモダンなデザインが特徴。途絶えかけていた仙台こけしを3代に渡り継承し、またオリジナルのかわいい小寸のこけしなども製作しています。代々受け継がれた伝統の先に息づく現代の豊かな個性を、ぜひ体感してみてください。

(c)アリティーヴィー

鈴木 明

1960年仙台市生まれ。こけし工人。祖父・清の代から続く伝統こけしと、自らが現代風にアレンジした「かわいい」こけしを作り分け、新しいものに挑戦することで伝統を守っている。2015年、全日本こけしコンクール「内閣総理大臣賞」受賞。

作品のご紹介

(c)アリティーヴィー

こけしの絵付け体験(要予約)

色々な型や大きさの白木地から1本選んで、自分だけのオリジナルこけしが作れます。

ラッカー仕上げをして当日お持ち帰りできます。

伝統こけし 玩愚庵こけし屋

営業時間:9時から17時
電話:022-398-2673
ファクス:022-398-2673
定休日:火曜日

お問い合わせ

文化観光局観光課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8259

ファクス:022-214-8316