秋保発、新「手しごと」の美

素材は自然から、技は季節から、心ひとびとから。秋保の懐深く、私たち9世帯の工人はここに生活しここで本物を創り、伝えたいと励んでいます。

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

熊野洞

仙台箪笥 熊野洞

ひとつしかない本物を誠実な手仕事で。

「仙台箪笥(たんす)」は欅(けやき)の木目を生かした“仙台木地蝋(きじろう)塗”が特徴の、杜の都に伝わる伝統工芸品。元々、太刀や羽織を入れる箪笥でしたが、現代では趣味の箪笥としても愛用されています。正面の舞錺(まいかざり)金具はもちろん、全ての金具が細かい工程を経た手打ちのもの。曾祖父の代より続く匠の技を継承し、木地、うるし塗り、錺金具まで一貫した手作りで“本物”にこだわり続けています。次世代に受け継がれる物づくり、それが「熊野洞」の心です。

(c)アリティーヴィー

熊野 彰

1957年仙台市生まれ。仙台箪笥職人。父・廣に師事し、仙台箪笥の全制作工程を受け継ぐ。匠の技を生かし、日本の伝統技術の継承と革新に取り組んでいる。箪笥の修理、普段使いの漆器の提案を行いながら、漆芸教室も展開している。

作品のご紹介

(c)アリティーヴィー

お箸の漆塗り体験(要予約)

仙台箪笥づくりの専門店で、職人の話を聞きながら漆塗りを体験。お箸の長さをカットするところから始まり、漆での仕上げまで行います。

仙台箪笥 熊野洞

営業時間:8時から17時
電話:022-398-2661
ファクス:022-397-2756
定休日:不定休
URL:http://sendai-kumanodou.com(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

文化観光局観光課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8259

ファクス:022-214-8316