秋保発、新「手しごと」の美

素材は自然から、技は季節から、心ひとびとから。秋保の懐深く、私たち9世帯の工人はここに生活しここで本物を創り、伝えたいと励んでいます。

現在位置ホーム > 工房のご紹介 > 御独楽處 廣井

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

御独楽處 廣井

江戸独楽 御独楽處 廣井

今に生きる江戸独楽の粋と洒落。

「江戸独楽」のルーツは元禄年間、江戸を中心に人気を博した「曲独楽」でした。それが徐々に形を変え、「座敷独楽」として市民の間で流行しました。先代から受け継がれてきたその確かな技術は、粋で酒落のきいたユーモラスな形で私達を引き込みます。多種多彩な作品のそれぞれにはからくりがあり、それらの説明を聞けるのも魅力のひとつです。この「独楽處」には、大人もすぐ子供に戻ってしまう、そんな楽しい世界が待っています。

(c)アリティーヴィー

廣井道顕

1933年東京生まれ。江戸独楽職人。代々続いた江戸独楽づくりの家に育ち、戦後仙台へ移住。横浜で活動する弟の政昭と共に、江戸独楽の稀少な伝統を継承している。現在は「秋保工芸の里」に工房を構え、弟子達と共にその世界を追求、発展させている。

作品のご紹介

(c)アリティーヴィー

コマの絵付け体験(要予約)

コマの削り出しから間近で見ることができ、磨きと絵付けをして完成。
職人の道具に囲まれての貴重な体験ができます。

江戸独楽 御独楽處 廣井

営業時間:9時から17時
電話:022-398-2770
定休日:不定休

お問い合わせ

文化観光局観光課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8259

ファクス:022-214-8316