現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 住民票・戸籍など > 証明書の交付 > コンビニエンスストアでの証明書自動交付サービスのご案内

更新日:2017年5月22日

ここから本文です。

コンビニエンスストアでの証明書自動交付サービスのご案内

利用者証明用電子証明書が格納されたマイナンバー(個人番号)カードを利用して、コンビニエンスストアのマルチコピー機(多機能端末)から仙台市に住民登録をされている方の住民票の写しなどの証明書が取得できます。

【重要】コンビニエンスストアでの証明書自動交付サービス一時停止のお知らせ

以下の日程により、コンビニエンスストアでの証明書自動交付サービスを一時停止しますので、ご了承願います。

停止予定日等詳細

停止予定日

停止時間

発行できない証明書

停止事由

現在、一時停止の予定はありません。

-

-

-

※上記のほか、毎月第3土曜日は戸籍システムの定期メンテナンスのため、戸籍全部事項証明書・戸籍個人事項証明書・戸籍の附票の写しは発行できません。

利用に必要なもの

コンビニエンスストアのマルチコピー機から各証明書を取得する際には利用者証明用電子証明書がICチップに格納されたマイナンバーカードが必要となります。

(マイナンバーカードのイメージ)
マイナンバーカードのイメージ

マイナンバーカードをお持ちでない方は、こちらをご確認ください。

【ご注意ください】

  • 「個人番号通知カード」や「住民基本台帳カード」、「せんだい市民カード」ではご利用いただけません。
  • 利用者証明用電子証明書が格納されていないマイナンバーカードや、利用者証明用電子証明書の有効期限が切れた場合はご利用いただけません。
  • マイナンバーカードの交付を受けた当日はご利用いただけません。(ご利用いただけるのは翌日以降となります。)

利用者証明用電子証明書とは

インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に利用するもので、「ログインした者が利用者本人であること」を証明することができます。(本人確認を行うための電子的な証明書です。)

利用者証明用電子証明書について、詳しくは以下のページをご覧ください。〈総務省ホームページ公的個人認証サービスによる電子証明書(外部サイトへリンク)

利用できるコンビニエンスストア

全国4万カ所以上のマルチコピー機が設置された以下の各店舗で利用できます。

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • サークルK・サンクス
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

利用できるコンビニエンスストアの店舗情報及び各店舗のマルチコピー機の操作方法について、詳しくは以下のページをご覧ください。

〈地方公共団体情報システム機構ホームページ利用できる店舗情報(外部サイトへリンク)
〈地方公共団体情報システム機構ホームページ証明書の取得方法(外部サイトへリンク)

利用できる時間について

コンビニエンスストアのマルチコピー機から各証明書を発行できる時間は以下のとおりです。

  • 6時30分から23時まで(利用される店舗の営業時間内に限ります)

※年末年始の12月29日から1月3日を除きます。
※戸籍全部事項証明書・戸籍個人事項証明書・戸籍の附票の写しは、毎月第3土曜日は発行できません。
※機器の障害や、臨時のシステムメンテナンス等により、ご利用いただけない場合があります。

取得できる証明書と交付手数料

仙台市に住民登録をされている方に対し、以下の証明書を発行しています。

取得できる証明書

証明書の種類

手数料(1通)

留意事項

住民票の写し

300円

本人・同一世帯員のものが取得できます。
※一部記載ができない項目があります。

印鑑登録証明書

300円

印鑑登録されている方

戸籍全部事項証明書

戸籍個人事項証明書

450円

本籍も仙台市の方

戸籍の附票の写し

300円

本籍も仙台市の方

市・県民税課税(非課税)証明書

300円

最新の2年度分のみ取得できます。
税証明の詳細については、こちらをご覧ください。

住民票の写しの記載項目について

コンビニエンスストアのマルチコピー機で発行する住民票の写しでは、「住所」「氏名」「生年月日」「性別」「住民となった年月日」「住所を定めた年月日」のほか、選択することで「世帯主の氏名」「世帯主との続柄」「戸籍の表示(本籍・筆頭者)」が記載されますが、マイナンバーや住民票コード、住所や氏名の履歴などは記載されません。(記載が必要な場合は窓口にてご請求ください)

※外国人住民の方は、「住民となった年月日」に代わり「外国人住民となった年月日」が、また、選択により「戸籍の表示」に代わり「外国人固有項目」が記載されます。

【ご注意ください】
市内の他区や市外に転出された方、お亡くなりになった方の住民票(除票)の写しは発行できません。

住所や氏名などの文字や文字数による発行制限について

住所や氏名などの文字にコンビニエンスストアのマルチコピー機では印字できない文字(外字)が含まれている場合や、住所と建物の名称や部屋番号となる方書の合計文字が100文字を超える場合、氏名の文字数が48文字を超える場合は、住民票の写しと印鑑登録証明書は発行できません。
また、続柄の記載を選択した場合で、世帯主氏名の文字数が52文字を超える場合、本籍の記載を選択した場合で、本籍の文字数が60文字を超える場合と、筆頭者氏名の文字数が17文字を超える場合は、住民票の写しは発行できません。

このような場合、住民票の写しや印鑑登録証明書は窓口でのみ交付可能となります。

戸籍全部事項証明書・戸籍個人事項証明書について

出生届や婚姻届、死亡届などの戸籍の届出を仙台市以外の市区町村に提出された場合、届出市区町村から仙台市の本籍区に通知が行われることにより戸籍が記載されるため、届出から数日間はお届け前の状態の戸籍が発行される場合があります。
また、本籍区で記載処理が行われる1週間から2週間程度の期間は証明書の発行はできませんので、ご利用の前に本籍区の戸籍担当に記載処理が完了しているかご確認ください。

【ご注意ください】
お引っ越しにより、住所が仙台市以外の市区町村となった場合、本籍地が仙台市であっても戸籍の証明書は発行できなくなります。
また、本籍地が仙台市以外の市区町村となった場合も、戸籍の証明書は発行できなくなります。
除籍、改製原戸籍、平成改製原戸籍など、最新の戸籍全部事項証明書・戸籍個人事項証明書以外の戸籍の証明書は発行できませんので、必要な場合は窓口にてご請求ください。

戸籍の附票の写しについて

戸籍の附票に記載される住所は、その戸籍が作成された時点からの住所が記載されることとなっております。お引っ越しにより住所と本籍を併せて変更した場合では、前住所が記載されませんのでご注意ください。また、仙台市内でのお引っ越しにより住所異動の届出をされた場合、届出区役所等から本籍区に通知が行われることにより戸籍の附票が記載されるため、あらたな住所が記載されるまで数日を要することがありますので、届出の直後に戸籍の附票の写しが必要となる場合は、住所異動の届出窓口にて受付係員にご相談ください。

【ご注意ください】
お引っ越しにより、住所が仙台市以外の市区町村となった場合、本籍地が仙台市であっても戸籍の附票の写しは発行できなくなります。
また、本籍地が仙台市以外の市区町村となった場合も、戸籍の附票の写しは発行できなくなります。
除かれた戸籍の附票の写し(除附票の写し)は発行できませんので、必要な場合は窓口にてご請求ください。

取得した証明書の差替えや返金について

コンビニエンスストアのマルチコピー機で取得された証明書は、窓口での差替えや返金を行うことはできません。証明書に記載される内容や操作手順等をよくご確認のうえ、操作をお願いします。(用紙詰り等による障害の場合には、利用店舗にて対応します)

発行する証明書の様式

コンビニエンスストアのマルチコピー機から発行する各証明書は、窓口で発行する証明書と以下の点が異なります。

  • 住民票の写しは、窓口で発行するA4横のものと様式が異なり、専用のA4縦のものとなります
  • 複数世帯員の世帯全員の住民票の写しのように、1通が複数枚となる証明書に対してステープル処理(ホチキス留め)がされません
  • 1通が複数枚となる証明書には、ページ番号と電子契印(1通に綴られる証明書であることが確認できる番号を付番)が印字されます
  • 改ざん防止用紙ではなく、普通紙に対して特殊な印刷を用紙の両面に行います
  • 特殊な印刷を行うため、証明書が出力されるまで2分以上かかる場合があります

マルチコピー機から発行する証明書の様式等について、詳しくは以下のページをご覧ください。
〈地方公共団体情報システム機構ホームページコンビニ交付について(外部サイトへリンク)
〈地方公共団体情報システム機構ホームページ受け取った証明書の確認(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

  • 住民票の写し・印鑑登録証明書・戸籍の証明に関すること 市民局区政課 電話:022-214-6126(直通)
  • 税証明に関すること 財政局税制課 電話:022-214-8622(直通)

関連リンク

お問い合わせ

市民局区政課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎9階

電話番号:022-214-6126

ファクス:022-211-1916