現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 消防 > 119番通報 > 携帯電話からの119番通報について

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

携帯電話からの119番通報について

  • 携帯電話からの通報で、通りがかりなどの理由で住所がわからない場合は、付近にお住まいの方に聞いたり、最寄りの目標物をできるだけ詳しく伝えてください。(目標物の例:付近の交差点、歩道橋や通りの表示、電柱、信号機や自動販売機に書いてある住所表示、店舗の名称など)
  • 通報が終わった後も、消防局から問い合わせする場合がありますので、消防車や救急車が到着するまでは、いつでも電話を受けられる状態にしておいてください。
  • 消防車や救急車が到着したときに誘導案内をお願いします。
  • 自動車の運転中は安全な場所に停車してから通報してください。

携帯電話からの通報イメージイラスト

消防では119番受付時に通報者から住所と近くの目標物を聴取し、出場場所を特定しています。その際、住所がわからない場合は「位置情報通知システム」を利用して、119番発信した電話機の位置情報を照らし合わせ正確な場所を特定しています。携帯電話からの通報の場合でも、位置情報を指令台に表示することが可能になります。この場合、以下の位置情報を取得しますが、状況によって精度が大きく異なります。

  1. 「GPS測位情報」(衛星を利用した位置情報)
  2. 「基地局情報」(緊急通報時の携帯電話基地局の住所や電波到達範囲などから算出する位置情報)

GPS測位情報の場合、条件が良ければ数m範囲で場所を特定できる場合がありますが、基地局情報の精度は数100m~10000m程度であり、お使いの機種または使用環境(電波が悪い建物内、地下など)によっては正確な位置を特定できないことがありますので、119番通報時には必ず住所やお近くの目標物を確認して伝えるようにご協力をお願いします。

携帯電話によっては「184」(発信者番号非通知)を付加し、または非通知設定した携帯電話で119番通報した場合、正確な位置情報を通知しない場合があります。

また、スマートフォンでは、GPS機能をオンにすることで正確な位置情報を通知することがあります。

対象となる電話機等については、各通信事業者にお問い合わせください。

指令台地図表示イメージ

測位情報の写真

GPS測位情報(誤差半径約10m)

携帯測位情報の写真

基地局情報(誤差半径約400m)

※携帯電話で119番すると、かけた場所によってはその地域を管轄する消防本部に直接つながらない場合があります。(例えば、仙台市内からかけても名取市消防本部や塩釜地区消防本部につながる場合もあります。)
管轄外の消防本部に119番通報が入った場合には、その電話を転送するか、管轄の消防本部の電話番号をお伝えし、再度かけ直すようお願いすることがあります。これにより多少の時間を要することがあります

お問い合わせ

消防局指令課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-2364