ID:018-A3BD5

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

工事中の消防計画作成(変更)届出書

届出書を印刷するときの用紙

A4サイズ、再生紙可(感熱紙、裏紙、色紙等は不可)

制度の概要

工事が完了するまでの間の自主防火管理体制を確立させることを目的に、次に該当する防火対象物の管理権原者に対して、工事中における消防計画を作成して届け出るよう指導しています。

1.新築工事中の防火対象物のうち、地階の階数が3以上のもの又は地階を除く階数が11以上で、かつ延べ面積が3,000m²以上のもの

2.次に掲げる既存防火対象物

  • (1)建築基準法第7条の6の規定に基づき、特定行政庁又は建築主事に仮使用するため申請がなされたもの
  • (2)消防用設備等の増設や移設等の工事を行う防火管理義務対象物で、当該設備の機能を停止させるもの又は機能に著しく影響を及ぼすもの
  • (3)構造や用途等から人命安全対策上又は火災予防上必要と認めるもの

 

届出書の根拠

消防法施行規則第3条第1項、防火管理の指導に関する要綱第40条、第43条

届出方法等

1.届出場所

建物を管轄する消防署の予防課指導係(宮城署にあっては、予防係)

2.届出に必要なもの

  1. 届出書2部(1部は確認後控えとしてお返しいたします。)
  2. 届出書には、工事中における消防計画書を添付して下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411