現在位置ホーム > 市政情報 > 財政・計画・行財政改革 > 財政・行財政改革 > 財政・行財政改革 > 仙台市の財政 > 仙台市の財務書類(地方公会計制度による決算資料)

更新日:2018年2月20日

ここから本文です。

仙台市の財務書類(地方公会計制度による決算資料)

地方公会計制度とは

地方公共団体の会計方式(単式簿記・現金主義)は、現金の収入・支出という事実に着目して整理されており、客観性と予算の適正・確実な執行の管理という面において優れていますが、土地や建物、借入金などの資産や負債のストックの情報が蓄積されず、また年度ごとの実質的なコストの把握が困難であるといった問題がありました。

そこで「地方公会計制度」として、民間企業の会計方式(複式簿記・発生主義)や考え方を地方公共団体にも取り入れる取組みが進められてきました。この会計制度により作成された財務書類は、現金主義会計では見えにくいストックの情報、コストの情報を備えており、かつこれらの情報を総体的・一覧的に把握することができます。

 

 

地方公共団体の会計方式

地方公会計制度

取引の記録方法

単式簿記
取引における現金の収入・支出のみを記録する

 

複式簿記
ひとつの取引について、原因と結果の2つの側面に分解し、借方と貸方に分けて記録する

取引を記録する

タイミング

現金主義
実際に現金の収入・支出が生じた時点で記録する

 

発生主義
実際の現金の収入・支出に関わらず、経済的価値の増減が発生した時点において記録する

 

仙台市の財務書類(統一的な基準:平成28年度決算分~)

旧方式による財務書類(総務省方式改訂モデル:~平成27年度決算分)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

財政局財政企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8111

ファクス:022-262-6709