現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > ごみの出し方・減量 > ごみ量速報(令和3年8月)

更新日:2021年9月24日

ここから本文です。

ごみ量速報(令和3年8月)

仙台市で排出されているごみの量を速報値でお知らせしています。

 

令和3年8月の家庭ごみ量、前年同月より809トン(5.1%)増加

 令和3年8月の家庭ごみの量は16,801トンとなり、令和2年8月と比べて809トン(5.1%)増加しました。1人1日あたりの平均にすると494グラムで、令和2年8月と比べて24グラム増加しています。

ごみ量速報(エクセル:183KB)

 

 なお、仙台市では、令和12年度までに家庭ごみの1人1日あたりの排出量を400グラムとする目標を掲げています。目標の達成に向け、ごみの減量と分別について、より一層のご協力をお願いいたします。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのごみの出し方について

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、収集作業中に袋が破れて中身が散乱しないよう、家庭ごみ指定袋へは詰め込みすぎず、空気をしっかり抜き、きちんと結んでください。

 咳やくしゃみ等の風邪症状がある場合、使用済みのティッシュやマスク、身体に触れた衛生用品等は、ビニール袋で密封した上で、他のごみと混ぜて家庭ごみ指定袋へ入れて出してください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのごみの出し方についてはこちら

 

捨てる前にもう一度確認を!

 リサイクルできるものを、ごみとして捨てていませんか?集積所に出される家庭ごみの中にはリサイクルできる紙類やプラスチック製容器包装などの資源物が多く混入しています。皆様のちょっとした心がけで、まだまだ家庭ごみを減らすことができます。

 ごみの分け方と出し方の基本ルールについては、下記のリンクをご覧ください。

ごみの分け方・出し方の基本ルールはこちら

 

ペットボトルはしっかりつぶしてから出してください!

 ペットボトルをつぶさずに出すと黄色い回収容器がすぐいっぱいになってしまいます。その結果、回収容器からあふれたペットボトルが周囲に散乱したり、収集車両が効率的に運行できなくなります。

 ペットボトルを出すときは、

  1. フタを外して
  2. ラベルをはがして
  3. 軽くすすいで
  4. しっかりつぶす

 収集日までの間のご家庭での保管にも便利です。皆さまのご協力をお願いします。

 なお、アルミ缶とスチール缶は、つぶれたものが混ざっているとうまく選別できなくなってしまうため、つぶさずに出してください。

 

庭木の枝や幹のリサイクル(無料)について

 仙台市では、ご家庭でせん定した庭木の枝や幹を無料で回収し、チップ化してたい肥の原料などにリサイクルする取り組みを行っています。杜の都仙台の環境を守るために、せん定枝のリサイクルを始めてみませんか。

「庭木の枝や幹のリサイクル」の詳細についてはこちら

お問い合わせ

環境局廃棄物企画課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8230

ファクス:022-214-8840