現在位置ホーム > 泉区トップページ > 人づくり(市民センター事業) > 市民センターにおける地域を担う人づくり支援推進事業

更新日:2020年8月6日

ここから本文です。

市民センターにおける地域を担う人づくり支援推進事業

市民センターにおいて、地域住民等による地域の現状把握や課題共有を通じ、地域づくりの担い手育成やネットワーク形成等を図る事業や取組を実施することにより、地域を担う人づくり支援をさらに推進します。本事業を実施している泉区内市民センターの支援をしています。

令和元年度                                          

めざせ!みんなが集まる街づくり!2020(寺岡市民センター)

住民が事業に対し主体的に参加することで、地域づくりの担い手を育成するとともに、地域住民の交流を促進し地域を活性化する目的で実施しました。4月の『寺山・紫山健康and魅力発見ウォーキング』では寺岡老人会ハイキングクラブの方に、5月の『てらやま ふし木発見2019』では、地域在住の樹医に講師を依頼しました。8月の『てらやまデイキャンプ2019』では、寺岡小学校学校支援地域本部、寺岡子ども会育成会、寺岡おやじの会の人たちがゲームスタッフになり、子どもたちを大いに盛り上げました。12月の『寺岡・紫山作品展』では、寺岡連合町内会、寺岡&紫山社会福祉協議会の3つの地域団体が、地域住民の交流や地域の活性化を促す自主企画を期間中に同時開催しました。

ロングライフヒルコミュニティ協議会との企画を経て企画する事業(長命ケ丘市民センター)

地域の様々な団体や学校が連携して、「学校に泊まろう」、「もちつき大会」、「スキー教室」など、子どもたちを中心とした幅広い層の地域住民が参加できる事業を行いました。市民企画会議「長命ケ丘五魂祭を成功させよう!」では、5つの地域資源(長命太鼓、長命音頭、劇団愛の鐘、ゆるキャラの歌、万灯神輿)の地域内での知名度を高めるため、町内の夏まつりとタイアップして5つの団体が一緒にパレードを実施しました。

図書ボランティア養成講座(南中山市民センター)

図書ボランティアサークル「虹」のメンバーが、講座を通して日々の図書室運営のスキルを身に付けました。図書ボランティアの技能が向上するにつれて、図書室の環境整備が進み、その結果、より多くの地域住民が図書室を利用するようになり、図書ボランティアと図書室利用者の交流も生まれました。

かつら情報局(桂市民センター)

地域住民が地域に関心を持ち、地域活動参画へとつながるための取り組みとして、地域情報の収集や発信をしました。テレビ局の取材を受けた「桂音頭」の映像や地域諸団体の活動状況を12月から毎週水曜日と土曜日の昼の時間帯に市民センターのロビーの大型モニターで放映しました。また「Toyドローンプログラミング講座」では、町内会役員が講師を務め、小学生親子5組(10名)、中学生2組(5名)の計7組(15名)のほか、地域の中学校や小学校の教員、大学生も参加し、新たなつながりが生まれました。

※詳しく知りたい方は、各市民センターへお問い合わせください。

泉区の市民センターへようこそ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

泉区中央市民センター 

仙台市泉区市名坂字東裏53-1

電話番号:022-772-3844

ファクス:022-372-2447