現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 住まい > 住まいの情報 > 住宅活用(売却・賃貸等)に関する相談

更新日:2019年10月18日

ここから本文です。

住宅活用(売却・賃貸等)に関する相談

将来使われなくなる、または、すでに使われていない住宅の活用について、市職員がお話を伺い、内容に応じて不動産・法務・建築の専門団体の無料相談窓口をご紹介します。

相談の主な対象者

仙台市内にある住宅の売却・賃貸等の活用を考えているものの、「どこに相談したらよいか」「何から始めればよいか」といった不安をお持ちの所有者やその親族、管理者が対象です。
(すでに売却中の住宅や賃貸住宅に関する相談は対象外)

住宅活用相談の新たな取り組みについて(相談事業者の登録制度)の試行について

 住宅活用に関する相談の内、売却や賃貸などの活用を希望する所有者本人からの相談について、不動産業者に直接相談できる制度を、関係団体と連携しスタートします。

詳しくは住宅活用相談の新たな取り組み(相談事業者の登録制度)の試行についてをご覧ください。

相談の流れ

1.お電話にて問い合わせください。
仙台市都市整備局住宅政策課(電話番号022-214-8330)
業務時間:8時30分~17時00分(土日祝日および12月29日~1月3日を除く)

2.必要に応じて市役所でお話を伺います。(予約制)
仙台市都市整備局住宅政策課(仙台市青葉区国分町3丁目7-1仙台市役所7階)
※一組あたり1時間まで
※可能であれば相続関係図や登記簿、敷地・住宅の図面などご持参ください。

3.内容に応じた専門団体の相談窓口を紹介します。
※相談を円滑に進めるため、ご相談いただいた内容を紹介先に事前に引き継ぎすることも可能です。

4.紹介された専門団体に電話で問い合わせください。
※無料で相談できる内容は団体によって異なるため、ご相談の際にご確認ください。

住宅活用相談チラシ(PDF:131KB)

空き家の利活用についてのよくあるご相談

住宅の活用に悩まれている所有者や親族の方は、住宅政策課までご相談ください。

仙台市では、お話をお聞きし、相談内容に応じて各専門団体をご紹介いたします。

相続手続きをすすめたい(相続・成年後見人・登記の手続き・相談・調査)

[宮城県司法書士会]0120-216-870,022-221-6870

所有者や相続の調査、その他手続きをしたい(所有者不明・相続の調査・相談、その他行政手続き)

[宮城県行政書士会]022-261-6768

空き家を売りたい、賃貸として利用したい(不動産取引(売買・賃貸)相談・空家管理の相談)

[宮城県宅地建物取引業協会]022-266-0011

[全日本不動産協会宮城県本部]022-266-3358

[全国賃貸住宅経営者協会連合会宮城県支部]022-224-3384

リフォームについて相談したい(建物診断・リフォーム相談)

[日本建築家協会東北支部宮城地域会]022-225-1120

[宮城県建築士会仙台支部]022-264-1215

[宮城県建築士事務所協会]022-223-7330

不動産の価値・評価が知りたい(不動産の評価・価格水準・鑑定評価・不動産の有効活用などに関する相談)

[不動産鑑定士協会]022-265-7641

一般的な不動産売買の流れ

一般的な不動産売買の流れ

相談で必要な資料

必要な資料を準備して相談を円滑に進めましょう。

資料がなければ正確なアドバイスができません。

できるだけ下記の資料をご準備下さい。

登記事項証明書(登記簿謄本)

登記事項証明書は法務局で申請して取得できます。

土地と建物それぞれ必要です。

土地測量図・境界確定図

土地の売買の際に必要となります。

土地の面積や境界線の位置などが記載されています。

建築設計図書(図面)

物件の間取りや仕様などを確認することができます。

建築確認済証及び検査済証

建築物の売買の際に必要となります。その物件が、建築基準法に適法したものであるかが分かります。

紛失した場合などは区役所で申請すると証明書を取得することができます。

売買契約書

購入した物件の場合は、契約書で契約日、引き渡し日、売買代金、物件の状況や付帯する特約など必要事項の確認することができます。

マンション管理規約

マンションの場合は、マンションの管理規約等関連書類をお持ちください

マンションの売却の場合、どのような管理規約になっているか、例えばペットの飼育は可能なのか、管理費、修繕積立金など、買主が入居後に負担する費用などが、確認できます。

専門団体一覧

仙台市が紹介する団体の連絡先です。

住宅活用相談専門窓口一覧(PDF:355KB)

専門団体との協定について

仙台市は上記の専門団体と「仙台市における既存住宅の活用に向けた相談体制の構築に関する協定」を締結しました。住宅の売却や賃貸などについて、気軽に相談できる環境を整えることで、既存住宅の円滑な活用を促し、空き家対策を進めます。

協定締結式の様子

空き家対策

仙台市の空き家に関する取組みはこちらもご覧ください。

住宅活用に関連する制度等

住宅活用に関連する制度をご紹介いたします。

  借主(入居者)の意向を反映して住宅の改修ができる賃貸借契約や賃貸物件です。

  契約で定めた期間が満了すると賃貸借契約が終了する制度です。貸し手側が計画的に資産を活用できます。

  移住・住み替え支援機構がマイホームを借り上げ第三者に転貸し安定した賃料収入が得られる制度です。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局住宅政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8330

ファクス:022-268-2963