現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 歴史を今に伝える > 歴史的町名等活用路線 > ア行 > 道路の通称として活用する歴史的町名の由来(江戸町通り)

更新日:2021年12月8日

ここから本文です。

道路の通称として活用する歴史的町名の由来(江戸町通り)

歴史的町名活用路線

通り名

旧町名・通り名

この町名の由来等

現在の主な関係町名

《江戸町》通り

江戸町

(えどまち)

「封内風土記」,「仙台鹿の子」,「奥陽名数」などの記録には,この町名の記載が見られないが,黒瀬清四郎政則という江戸の棟梁を中心とした大工衆が居住し,その出身地を懐かしみ江戸町の名を呼称したという伝えがある。

寛文絵図,延宝絵図ともに現在地には割出しがなく,元禄4・5年の仙台城下五厘掛絵図に御職人衆の町割が描かれ,安政絵図には御大工として個人名を入れた屋敷割が記され大工衆の居住したことがわかる。

八幡二丁目

八幡四丁目

※「この町名の由来等」で下線を引いてある町名をクリックすると,その町名の説明文が表示されます。

一覧に戻る

お問い合わせ

市民局区政課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎9階

電話番号:022-214-6125

ファクス:022-211-1916