現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 歴史を今に伝える > 歴史的町名等活用路線 > ア行 > 道路の通称として活用する歴史的町名の由来(大仏前通り)

更新日:2021年12月8日

ここから本文です。

道路の通称として活用する歴史的町名の由来(大仏前通り)

歴史的町名活用路線

通り名

旧町名・通り名

この町名の由来等

現在の主な関係町名

《大仏前》通り

大仏前

(おぼとけまえ)

亀岡八幡は,政宗が仙台移転の後,守護神としていた梁川八幡を上杉領より遷宮し,現在の錦町公園の地にあったが,後に天台宗等覚院が建てられ,境内の延寿堂には四代藩主綱村の奉納した丈六の毘盧遮那仏坐像が安置された。これに因み,花京院から元寺小路に至る坂道は大仏前と呼ばれた。大仏は空襲で焼失した。

本町二丁目

※「この町名の由来等」で下線を引いてある町名をクリックすると,その町名の説明文が表示されます。

一覧に戻る

お問い合わせ

市民局区政課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎9階

電話番号:022-214-6125

ファクス:022-211-1916