現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 歴史を今に伝える > 歴史的町名活用路線 > マ行 > 道路の通称として活用する歴史的町名の由来(《元寺小路》)

更新日:2021年12月8日

ここから本文です。

道路の通称として活用する歴史的町名の由来(《元寺小路》)

歴史的町名活用路線

通り名

旧町名・通り名

この町名の由来等

現在の主な

関係町名

《元寺小路》

元寺小路

(もとてらこうじ)

県庁や錦町公園,東北電力本店ビルなどのある段丘は,仙台城の鬼門にあたるので,定禅寺や満勝寺など寺が並んでいた。

この段丘下に沿った東三番丁から車町までが寺小路で,仙台八小路の一つ。寛永十四年頃寺の一部が移され侍丁になると元寺小路と呼ばれた。小路の名は寺町や侍丁につけられた。

花京院一丁目

中央一丁目

中央二丁目

名掛丁

本町一丁目

本町二丁目

元寺小路

※「この町名の由来等」で下線を引いてある町名をクリックすると,その町名の説明文が表示されます。

一覧に戻る

お問い合わせ

市民局区政課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎9階

電話番号:022-214-6125

ファクス:022-211-1916