現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 住まい > 分譲マンション > 防災 > 杜の都防災力向上マンション認定制度-震災に強いまちを目指して-

更新日:2019年5月31日

ここから本文です。

杜の都防災力向上マンション認定制度-震災に強いまちを目指して-

杜の都防災力向上マンション認定制度とは

マンションにおける防災活動のさらなる充実や建物性能の向上を図ることを目的に、マンションの防災力を独自に仙台市が認定する制度です。
評価は「防災性能」または「防災活動」の項目で行い、取り組みの内容や活動段階などにより、それぞれ星の数(最大3つ星)で認定します。「防災性能」と「防災活動」のすべての項目に取り組んだ場合は、最大6つ星となります。
認定したマンションには、認定書並びに認定マーク(額入り)を進呈するほか、活動内容等について、市のホームページに掲載されます。

制度創設の背景

東日本大震災の際、マンションでは、玄関ドアが開かなくなったり、エレベーターが動かないために水や食料の調達・運搬に苦慮するなど、高層建物に特有の課題が顕在化しました。
一方、役員の方を中心に救助活動や避難誘導を行ったり、さらには居住者同士の支え合いによって、非常時の不便な生活を乗り切った事例もあり、マンション管理組合などによる自主的な防災活動の大切さが改めて認識されました。
このことから仙台市では、自主的な防災活動に取り組むマンションを支援・応援するために当制度を創設するとともに、「分譲マンション防災マニュアル作成の手引」を作成し、マンション管理組合などによる防災活動のルールづくりを支援することとしました。

制度の概要

  • (1)マンションの防災力を6段階の星(☆☆☆☆☆☆)で認定します
    「防災性能」または「防災活動」の項目で評価し、マンション防災力を認定します。取り組みの内容や活動段階などにより、それぞれ星の数(最大3つ星)で認定し、「防災性能」と「防災活動」のすべての項目に取り組んだ場合は、最大6つ星となります。
  • (2)段階的に星を増やしていくことが可能です
    防災活動を進めていくには時間がかかります。継続的な活動を後押しするために、段階的に星を増やせるような制度としています。
  • (3)「地域との連携」を評価項目としてます
    災害時には、マンション周辺の地域の方々との連携も大切との考えから、「地域の避難所運営委員会事前協議等への参加」や「地域の防災訓練への参加」の評価基準を設け、地域住民とのコミュニティ形成や地域避難所との連携などを促します。
  • (4)市のホームページへの掲載
    認定したマンションは、市のホームページに掲載し、それぞれの取り組みを広く紹介します。

認定マンション

認定マーク 認定マンション一覧

認定マンションマップ

青葉区(PDF:940KB) 宮城野区(PDF:843KB) 若林区(PDF:842KB)太白区(PDF:1,145KB) 泉区(PDF:476KB)

「分譲マンション防災マニュアル作成の手引き」とは

マンションにおける共助を円滑に進めるための「防災マニュアル」づくりの手順を、マニュアル表紙イラストや写真を用いながら、作成手順に沿って分かりやすく解説しています。また、震災の体験に基づいた成功・失敗事例、例えば安否確認や避難誘導などマンション特有の課題も盛り込まれています。

詳細については、こちらの「防災マニュアル作成の手引」ページをご覧ください。

 

認定を申請される方へ

申請前の事前協議が必要ですので、下記のお問い合わせ先までご相談ください。

要綱・申請書類等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局住宅政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8306

ファクス:022-268-2963