現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 各課の業務と連絡先 > 文化観光局 > 文化観光局関連リンク > 「観光レジリエンスサミット」の開催

ページID:75068

更新日:2024年7月9日

ここから本文です。

「観光レジリエンスサミット」の開催

観光危機管理ワークショップ

災害時等における観光分野の強靭性や回復力(レジリエンス)をテーマとした国際会議「観光レジリエンスサミット」が開催されることを記念し、「観光危機管理ワークショップ」を開催します。市内の観光関連事業者等の観光危機管理に対する意識の向上・体制の強化の促進を目的に、講師に観光レジリエンスの専門家を招き、全3回の開催を予定しています。開催日時や会場等については、以下の記者発表資料をご参照ください。

観光レジリエンスサミット地元連絡会

観光レジリエンスサミットの成功に向け、地元の関係機関・団体の皆さまとの準備状況の情報共有や意見交換を行うため、「観光レジリエンスサミット地元連絡会」を開催します。地元の皆さまと密に連携しながら、受入環境やおもてなし環境の整備、開催機運の醸成等にかかる協力体制の強化を図ってまいります。
開催日時や構成団体等については、以下の記者発表資料をご参照ください。

第1回観光レジリエンスサミット地元連絡会

令和6年7月3日(水曜日)に、仙台市役所本庁舎8階第一委員会室において、「第1回観光レジリエンスサミット地元連絡会」を開催しました。当日は、仙台市を含む15の関係団体が一堂に会し、本サミットの開催概要をはじめ、開催支援の一環として予定している仙台市の取組みや、各団体への協力依頼事項等について、説明・協議を行いました。
また、東北運輸局から、本サミットの会場として、閣僚級会合等は仙台国際センター、歓迎レセプションは秋保温泉「伝承千年の宿 佐勘」を予定していることが公表されました。

資料一覧

観光レジリエンスに関する国際会議を仙台市で開催します

令和6年5月28日、11月9日から3日間開催される「観光レジリエンスサミット」の開催地として仙台市が選定されました。
今後、令和6年6月1日付で新設した「観光レジリエンスサミット推進室」において、会議の受け入れ準備を進めるとともに、交流人口の拡大に向けて、歓迎行事などを通じた本市の魅力発信に取り組んでまいります。

観光レジリエンスサミットの概要

観光庁がUN Tourism(世界観光機関)と連携して開催する国際会議。地震や風水害等の自然災害やコロナ等の危機に対する観光分野の強靭性(レジリエンス)をテーマに議論が行われる予定。
我が国が蓄積してきた観光レジリエンスに関する経験を各国・地域と共有し、取り組むべき政策を日本主導で世界に発信する。

  • 会議名称:観光レジリエンスサミット(Tourism Resilience Summit)
  • 開催日程:令和6年11月9日(土曜日)~11日(月曜日)
  • 開催地:仙台市
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局観光レジリエンスサミット推進室

仙台市青葉区国分町3-7-1 仙台市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8417

ファクス:022-214-8316