更新日:2018年10月11日

ここから本文です。

広瀬川の清流を守る条例

お知らせ

環境保全区域内行為の許可基準を一部改定しました(平成30年7月1日更新)

平成30年7月1日以降の許可申請を対象に、許可基準の一部を改定しました。

改定内容の詳細についてはこちらのページをご覧ください。

広瀬川の清流を守る条例/環境保全区域内の建築行為等に係る許可基準の改定について(平成30年7月以降適用)

 

平成30年7月以降の環境保全区域内行為の許可申請に関する資料を掲載しました(平成30年4月27日掲載)

平成30年7月以降の環境保全区域内行為許可申請の詳細に関する資料のデータを掲載しました。

【平成30年7月以降】環境保全区域内行為の許可のあらまし(パンフレットデータ)

【平成30年7月以降】環境保全区域内行為の許可申請の手引き(冊子データ)

 

広瀬川の清流を守る条例

「広瀬川の清流を守る条例」は、市民共有の財産である美しい広瀬川の清流を保全し次代へ引き継いでゆくために昭和49年に制定されました。条例では、広瀬川の清流を守るための市民、事業者、市の責務を明らかにするとともに、自然環境や水質の保全等に関して必要な事項を定めています。

 

環境保全区域と水質保全区域

広瀬川の清流を守る条例に基づき、広瀬川の豊かな自然環境や景観と良好な水質を一体的に保全していくために、河岸の自然環境や景観を守るための「環境保全区域」と、水質を守るための「水質保全区域」の2区域を指定しています。

各保全区域の範囲は、仙台市都市計画情報インターネット提供サービスで確認できます。

 

広瀬川の清流を守る条例_保全区域

 

環境保全区域に係る制限

環境保全区域では、建築行為など、広瀬川の自然環境や景観の保全に支障を及ぼすおそれのある行為を行う際はあらかじめ市長の許可が必要となります。

許可制度に関する詳細については

【平成30年7月以降】環境保全区域内行為の許可のあらまし(パンフレット),

【平成30年7月以降】環境保全区域内行為の許可申請の手引き(冊子)

をご覧ください。

許可の必要な行為

  1. 建築物その他の工作物の新築、改築、増築又は移転
  2. 宅地の造成、土地の開墾、土石の採取又は集積その他土地の区画形質の変更
  3. 水面の埋立て又は干拓
  4. 木竹の伐採
  5. カジカガエルの捕獲又は採取
  6. 工作物の色彩の変更

 

【平成30年7月以降】環境保全区域内行為の許可のあらまし(パンフレットデータ)

環境保全区域内行為の許可制度の概要を掲載しています。

広瀬川の清流を守る条例_環境保全区域内行為の許可のあらましの表紙環境保全区域内行為の許可のあらまし(PDF:1,009KB)

※PDFファイルを印刷する際に、「印刷できません」とエラーが出たり白紙で印刷されたりする場合には、次の手順で設定を変更して印刷してください。

  1. 「印刷」画面でのプリンター選択の右側にある「詳細設定」をクリック
  2. 「画像として印刷」のチェックボックスにチェックをいれて「OK」をクリック
  3. 印刷

 

【平成30年7月以降】環境保全区域内行為の許可申請の手引き(冊子データ)

環境保全区域内行為の許可制度の詳細(許可の基準や許可申請書の作成方法等)を掲載しています。

広瀬川の清流を守る条例_環境保全区域内行為の許可申請の手引きの表紙環境保全区域内行為の許可申請の手引き(PDF:3,462KB)

 

環境保全区域内行為の許可申請の手続き

環境保全区域内行為に関する許可申請の手続きをする方はこちらのページをご覧ください。

許可申請書の様式データをダウンロードできます。

 

※平成30年6月までの許可基準等についてはこちらをご覧ください。

 

広瀬川緑化助成事業

環境保全区域内で建築行為等に係る許可を受けた方を対象に敷地内の緑化費用の一部を助成します。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

水質保全区域に係る制限

水質保全区域に係る規制についてはこちらのページをご覧ください。

 

仙台市広瀬川清流保全審議会

広瀬川の清流を守るための重要事項を審議するために、仙台市広瀬川清流保全審議会を設置しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

建設局河川課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8327

ファクス:022-268-4312