現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 税金 > 市税について > 個人市県民税 > 個人市県民税の制度と手続き > 個人市県民税の公的年金からの特別徴収(引き落とし)について

更新日:2020年1月10日

ここから本文です。

個人市県民税の公的年金からの特別徴収(引き落とし)について

毎年4月1日時点で、公的年金を受給されている65歳以上の方については、原則、公的年金の支給時に、年金所得に対する個人市県民税が、公的年金から特別徴収されます。

対象となる方

前年中に公的年金等を受給されていた方のうち、前年中の年金所得に係る個人市県民税の納税義務のある方で、4月1日現在65歳以上の方が公的年金からの引き落としの対象となります。
※ただし、以下に該当する方は、公的年金からの引き落としの対象とならず、年金所得に対する税額については納税通知書(納付書または口座振替)にて納めることとなりますので、ご了承ください。

  • 介護保険料が公的年金から引き落としされない方
  • 引き落としの対象となる公的年金の収入金額が18万円未満の方
  • 引き落としの対象となる公的年金から個人市県民税が引ききれない方
  • 引き落としの対象となる公的年金から所得税、介護保険料、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料が引ききれない場合

特別徴収(引き落とし)の対象となる税額

特別徴収(引き落とし)の対象となる税額は、公的年金等の所得額から計算した税額(年税額)です。
公的年金等以外の所得もある方は、

  1. 公的年金等の所得額から計算した税額は公的年金から特別徴収(引き落とし)します。
  2. 給与や不動産所得などその他の所得金額から計算した税額は、これまでどおり給与からの特別徴収(引き落とし)または納税通知書により納めます。

※個人市県民税を納める方法についてですので、所得金額や扶養している親族の状況等が変わらなければ、税負担は変わりません。

納付の方法

新たに公的年金から個人市県民税を引き落としする年については、一年間に納める税額の半分を6月と8月の2回に分けて納税通知書により金融機関等で納めます(これまで口座振替をご利用されていた方は、6月と8月は口座振替となります)。

10月以降は、年金支給月(10月,12月,2月)に3回に分けて特別徴収(引き落とし)により納めます。

例)年金特徴の初年度及び翌年度の年税額がともに12万円の場合

年金特徴の初年度
納付月 6月・8月 10月・12月・翌年2月
徴収方法

普通徴収

特別徴収

算出方法
【税額】

年税額の4分の1ずつ
【各3万円】

年税額の6分の1ずつ
【各2万円】

 

年金特徴の翌年度以降
納付月 4月・6月・8月 10月・12月・翌年2月
徴収方法

仮徴収

本徴収

算出方法
【税額】

前年度の年税額の2分の1の

金額を3分の1ずつ
【各2万円】

(年税額-仮徴収税額)の

3分の1ずつ

【各2万円】

なお、公的年金以外の所得がある方の個人市県民税の納め方は、所得の種類に応じて以下のようになります。

図/公的年金以外にも所得がある場合

※1 公的年金から引き落としする税額は、年金所得の金額から計算した税額のみです。
※2 会社などにお勤めの方は、給与・年金以外の所得の金額から計算した税額を給与所得の金額から計算した税額とあわせて、給与から引き落としすることもできます。

公的年金からの特別徴収についてのよくある質問

公的年金からの特別徴収についてのよくある質問はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

財政局市民税課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎5階

電話番号:022-214-1009

ファクス:022-214-8613