更新日:2018年4月18日

ここから本文です。

寄附金の使い道

寄附の使い道として26の寄附メニューの項目を用意しました。寄附の際に応援したい寄附メニューをお選びいただけます。

寄附を通して、震災の経験と教訓を活かした新しい仙台のまちづくりを応援してください。

いただいた寄附金は各事業に大切に活用させていただきます。

仙台ふるさと応援寄附メニュー一覧

大震災からの復興と防災・減災

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

震災復興

東日本大震災では、仙台市の沿岸部に大津波が押し寄せ、あらゆる施設が流出するなど甚大な被害が生じました。
仙台市では、被災された地域の再生や震災の経験を未来へつないでいく復興事業の推進に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

伊達正宗騎馬像
防災集団移転跡地利活用の取り組みとして、太白区緑ヶ丘地区の公園・緑地整備や、市中心部における震災復興メモリアル拠点整備に向けた検討や震災アーカイブの整備に活用させていただきます。

財政局財政企画課
電話:022-214-8111
zai003005@city.sendai.jp

防災・減災推進

東日本大震災では、地域住民による避難誘導や救出・救護活動などの共助の取り組みが大きな力を発揮しました。

仙台市では、この経験と教訓を踏まえ、自助・共助の取り組みの活性化と公助の再構築を、防災・減災に向けた取り組みの基本としています。
皆様から頂いた寄附は、防災・減災への取り組みを更に充実させるための事業に役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

防災・減災

災害時の自立的な電源の確保と、平常時の二酸化炭素の削減を図るため、指定避難所等196ヶ所に導入した防災対応型太陽光発電システム(太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステム)の維持管理費用等に活用させていただきます。

危機管理室危機管理課
電話:022-214-8519
sei001040@city.sendai.jp

ふるさとの杜再生

東日本大震災では、仙台市の沿岸部に大津波が押し寄せ、海岸公園をはじめとする公園や防潮林、居久根などの緑に甚大な被害を及ぼしました。
仙台市では、東日本大震災により失われた東部地域の緑の再生を市民の皆さまとともに取り組む「ふるさとの杜再生プロジェクト」を進めています。
いただいた寄附は、「ふるさとの杜再生プロジェクト」の植樹事業で使用する苗木や資材の購入費用等に充てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

ふるさとの杜再生

東日本大震災により失われた仙台市東部地域のみどりの再生や創出のために木を植え育てる事業に活用させていただきます。

建設局百年の杜推進課
電話:022-214-8389
ken010240@city.sendai.jp

震災遺構保存

東日本大震災において、仙台市沿岸部では津波により多くの方が犠牲となられました。
津波の脅威や教訓、そして地域の記憶を後世に伝えていくため、仙台市では震災遺構仙台市立荒浜小学校を公開するとともに、新たに荒浜地区の住宅基礎の保存を進めています。
いただいた寄附は、これらの震災遺構を長期にわたり保存・活用していくための取り組みに役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

被災した校舎の様子
震災遺構仙台市立荒浜小学校の運営などに活用させていただきます。

まちづくり政策局防災環境都市推進室
電話:022-214-1117
mac001605@city.sendai.jp

文化・芸術の振興

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

楽都仙台推進(音楽文化の振興)

仙台市では仙台国際音楽コンクールや仙台クラシックフェスティバルを開催するほか、仙台ジュニアオーケストラの運営や仙台フィルハーモニー管弦楽団の運営支援などを通じて、仙台が誇る文化資源である「音楽」を都市の個性として育む「楽都仙台」の取り組みを推進しています。
これら「楽都仙台」の推進に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

仙台フィルハーモニー管弦楽団の様子
仙台ジュニアオーケストラの楽器購入、復興公営住宅における「復興コンサート」や「うたカフェ」等の音楽による交流支援事業に活用させていただきます。

文化観光局文化振興課
電話:022-214-6137
sim004120@city.sendai.jp

文化芸術振興

仙台市は、舞台芸術の振興や市民の文化活動を促進する取り組み、文化の力で東日本大震災により被害を受けた方々の「心の復興」を後押しする取り組みの他、東京オリンピック・パラリンピックを契機とした「文化プログラム」などを推進しています。
これら文化芸術の振興に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

bunka

「杜の都の演劇祭」や「仙台短編戯曲賞」等の舞台芸術の振興、日立システムズホール仙台で開催するクラシック入門コンサート等の文化イベントに活用させていただきます。

文化観光局文化振興課
電話:022-214-6137
sim004120@city.sendai.jp

仙台のお祭り応援

仙台では、仙台・青葉まつり、仙台七夕まつり、定禅寺ストリートジャズフェスティバル、みちのくYOSAKOIまつり、SENDAI光のページェントといったお祭りが四季折々に開催され、市民の皆さまはもとより、市外・県外から多くの観光客が訪れ、賑わいを見せています。
仙台のお祭りの事業の支援に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

tanabata2

基金に積立を行い今後のお祭り事業の支援に活用してまいります。

文化観光局観光課
電話:022-214-8259
kei008020@city.sendai.jp

子育てと学びの充実

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

子育て支援

保育所や児童館など子育て関連施設の環境整備、ひとり親家庭への支援や子どもの貧困対策など、未来を担う子どもたちがすこやかに育つまちづくりを目指し行うさまざまな事業の推進に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

kosodate

地域の子どもを対象とした食事の提供等を通じた居場所づくりに要する経費の助成を行います。また、運営団体間相互のネットワーク化に取り組み、連携した情報発信・情報共有を進めることで継続的な運営を支えていきます。

子供未来局総務課
電話:022-214-8790
fuk005340@city.sendai.jp

学校まなび応援

仙台市教育委員会では、学校教育において、心豊かでたくましい子どもを育てる取り組みを進めています。
「学校まなび応援」にいただいた寄付は、いじめ防止や学習意欲の向上、地域・家庭と連携した学校における課題の解決、ICT教育環境の整備・充実等子どもたちの学びの充実にかかる事業に活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

確かな学力を育成するための事業の様子

学校・家庭・地域が一体となって地域ぐるみで子どもを育む体制づくりの中心事業である「学校支援地域本部」の活動を支援するために、地域ボランティアの皆さんと行う防犯活動や美化活動事業に活用させていただきます。

教育局教育指導課
電話:022-214-5229
kyo019120@city.sendai.jp

市民まなび応援

市民のみなさん一人ひとりの学びの機会と活動を広げていくために、社会教育施設の機能の充実や、学習機会の提供、また、歴史的資源の保全や活用などに取り組んでいます。
このような市民のみなさんの学びを応援する生涯学習の推進に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

ミュージアム連携事業の様子

「学びのまち仙台 市民カレッジ」

これまで地域づくりについて学んできた受講生等が市民企画員となってプロデュースする講座を開催します。【学校支援(読み聞かせ)及び地域づくりについて学ぶ講座、防災・減災について学ぶ講座】

「放課後子ども教室」

市内の一部小学校区で実施している「放課後子ども教室」での子どもたちの活動を支援します。

教育局生涯学習課
電話:022-214-8886
kyo019310@city.sendai.jp

保健福祉の推進

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

障害者施策推進

仙台市は「一人ひとりが違いを認めあい、尊重しあい、支えあう、誰もが生きがいを感じられる共生の都をともにつくる」を目標に障害者施策に取り組んでおり、平成28年4月には障害を理由とする差別の解消を推進するための条例が施行されました。
いただいたご寄附は、障害のある方の暮らしの場・活動の場となる施設づくりや、障害者スポーツ支援などを通じた生きがいづくり、自立した生活を営むための就労支援、障害に対する市民理解促進などの推進に役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

障害者施策推進

障害のある方の自立に向けて、企業からの業務掘り起しや障害者雇用への理解醸成を推進するほか、障害のある方とのマッチングや就労定着支援を強化するなど、障害者の雇用促進を図る施策に役立てます。

健康福祉局障害企画課
電話:022-214-8163
fuk005330@city.sendai.jp

高齢者施策推進

仙台市では、将来にわたって高齢者が安心して暮らすことができるよう、必要なサービスを着実に提供しながら、多様な地域資源の連携によって高齢者を支え続けるとともに、高齢者自らが、社会を支える存在であり続ける姿を目指して、生きがいづくりや介護予防、生活支援のためのサービスなど、様々な事業に取り組んでいます。
これら高齢者保健福祉事業の推進に寄付を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

仙台市高齢者生きがい健康祭の様子

第21回仙台市高齢者生きがい健康祭~シニアいきいきまつり~
(内容)
高齢者の“いきいき”した活動を多くの方に見て聞いて、知っていただく“まつり”です。高齢者が主体のサークルなどが、日頃の活動の成果をステージ上で発表したり、展示ブースで販売するなど、世代を問わず来場者と一緒に楽しめる内容です。
仙台市が進める高齢者の生きがいと健康づくりの活動や、介護予防への取り組みも紹介します。

健康福祉局高齢企画課
電話:022-214-8167
fuk005130@city.sendai.jp

保健福祉推進

市民の方々誰もが住み慣れた地域で安心して自分らしい充実した生活を送ることができるまちの実現に向け、仙台市では各種保健福祉に関する事業に取り組んでおります。
社会情勢の変化による人と人とのつながりの希薄化や東日本大震災からの復興に向けた生活・健康課題等を踏まえ、地域の支え合いを促進する事業や健康寿命の延伸を目指す取り組み等を推進しています。

【平成30年度の活用】

保健福祉推進

災害時に通常の指定避難所での生活が困難な方(障害者、高齢者等)を受け入れる福祉避難所が円滑に運営できるよう、食料品等の備蓄に対して助成を行います。

健康福祉局総務課
電話:022-214-8184
fuk005010@city.sendai.jp

地域産業の活性化

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

ふるさと農業振興事業

仙台市では、昔から仙台平野を中心に農業が営まれており、食料供給だけでなく景観の形成など多くの面で地域に恩恵をもたらしています。
しかし、近年では農業者の高齢化や人手不足が著しく、課題解決に向けた施策が求められています。
そのため、本市では都市部と農村部との交流事業や、地場産品のPR等のほか、農業者の確保や農地を保全するとともに景観を保護し、農業が持つ多面的機能の維持に向けた取組みを展開しています。

これら農業振興事業の推進に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

稲穂 収穫後の田んぼの様子

 

農業所得の向上を図るため、6次産業化の促進等による農業の高付加価値化・高度化を支援するとともに、地産地消による仙台産農産物の消費拡大を進めます。

 

経済局農政企画課
電話:022-214-8265
kei008110@city.sendai.jp

社会起業支援

東日本大震災の後、被災地の復興や地域課題の解決を目的とした新しいビジネスを始める動きが活発になっています。
仙台市では「ソーシャル・イノベーション」(社会変革)を志す起業家が復興や地域経済活性化のエンジンとなると考え「日本一起業しやすいまち」を目指しており、起業支援センターによる窓口相談やセミナーの実施、起業家応援イベント、起業家の交流サロン運営といった事業を展開しています。また社会起業の改革拠点として国家戦略特別区域に指定されたことから、より一層支援を充実させていきます。
寄附はこれらの起業支援事業の推進に活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

社会起業

社会起業を啓発・促進し、社会起業家同士のネットワーク作りを後押しすることを目的として、東北や全国で活躍する起業家によるパネルディスカッションや交流会を実施するイベント「SENDAI Social Innovation Night」など社会起業人材育成事業に活用させていただきます。

経済局産業振興課
電話:022-214-8278
kei008030@city.sendai.jp

自然と調和した杜の都づくり

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

百年の杜づくり推進基金

仙台市百年の杜づくり推進基金として、生垣づくりなどの緑化助成事業や保存緑地等の買取りなどに活用させていただきます。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

【平成30年度の活用】

花壇

生垣づくりや花壇づくり、緑化木植栽助成事業などの緑化助成事業による民間の緑化活動の支援に活用させていただきます。

建設局百年の杜推進課
電話:022-214-8388
ken010240@city.sendai.jp

八木山動物公園オフィシャルサポーター

八木山動物公園では、動物公園の応援団として「サポーター」を募集しています。「動物が好き」「動物公園を歩くのが好き」「動物のために何かしたい」「環境問題に関心がある」など、さまざまな動機でサポーターに申し込んでいただいています。
いただいたご寄附は、八木山動物公園で飼育している動物たちのエサの購入や動物舎の維持修繕費用等に充てさせていただきます。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

【平成30年度の活用】

zoo6

八木山動物公園で飼育している動物のエサを購入します。また、動物展示場等の緊急修繕を行います。

建設局八木山動物公園管理課
電話:022-229-0122
ken010310@city.sendai.jp

街路樹シンボルロード保全

仙台市内中心部の定禅寺通などの街路樹は、戦災復興事業として整備され、現在も杜の都の景観を形成し、市民だけでなく、仙台を訪れる人たちにも親しまれています。
仙台市では、これらの街路樹について、将来にわたって良好な状態を維持するために、定期的な点検や診断等による健全度調査を実施し、計画的な街路樹の植え替えを進めています。
これらの事業の推進に寄附を役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

街路樹

定禅寺通、青葉通,東二番丁通など市内中心部の街路樹につい、点検による健全度調査を実施し、必要に応じて樹木医による専門診断を行います。

建設局公園課
電話:022-214-8395
ken010220@city.sendai.jp

身近な公園遊具整備

身近な公園遊具は、子供たちが日常的な遊びを通して心身を発達させていくのに重要な役割を果たしています。
子供たちにとって安全で安心して遊べるよう、専門技術者による安全点検や修繕に寄附を役立たせていただきます。
また、古くなって劣化が進んだ遊具を安全な新しい遊具に交換していくことにも役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

yuugu

市内の公園に設置されているすべての公園遊具施設について、利用者が安全で安心して遊べるよう、専門知識を持つ技術者による安全点検を行います。

建設局公園課
電話:022-214-8395
ken010220@city.sendai.jp

環境保全

仙台市は、豊かな緑や広瀬川の清流に象徴される良好な自然環境に恵まれ、「杜の都」と呼称されています。この恵まれた環境を将来に向けて継承していくために、「低炭素都市」「資源循環都市」「自然共生都市」「快適環境都市」の構築に向け、「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」の3Eを推進する「せんだいE-Action」やごみの減量・リサイクルをはじめとする様々な事業に取り組んでいます。
これらの取り組みに寄附を役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

小中学校での緑のカーテン育成と環境学習の様子

大学生を対象としたごみ分別体験講座の様子

市民のごみ減量・リサイクルに対する関心や理解を深めリユースを推進するための事業などに活用いたします。

環境局総務課
電話:022-214-8214
kan007010@city.sendai.jp

自転車安全利用促進

健康増進に役立ち環境にやさしい乗り物として人気が高まっている自転車ですが、一方で自転車が増えるに従い事故の増加や通行マナーの悪さが課題となってきました。
仙台市では安全に自転車を利用できる環境を整えるため、街頭指導、交通安全教室や各種広報啓発、自転車と歩行者が安全安心に通行できる道路空間づくりなどを実施しています。
これら自転車利用環境づくりのために寄附を役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

仙台コミュニティサイクルDATEBIKE(ダテバイク)
今後の自転車事故防止の施策につなげるための自転車のルール及びマナーの遵守調査など、交通事故防止のための事業を行っていきます。

市民局自転車交通安全課
電話:022-214-1075
sim004090@city.sendai.jp

動物愛護の推進

仙台市では、「人と動物がともに健康にいきていけるまち」を目指して、犬猫の譲渡事業や適正飼養の推進など様々な動物愛護の取り組みを進めています。

いただいたご寄附は、譲渡を待つ動物たちの治療やワクチン接種等の健康管理、飼い主のいない猫対策(不妊去勢手術助成事業等)、適正終生飼育の普及啓発等の動物愛護に関わる事業に活用させていただきます。

≪平成30年度より新たに募集を始めます≫

動物愛護

健康福祉局動物管理センター

電話:022-258-1626

fuk005570@city.sendai.jp

 

スポーツの振興

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

仙台国際ハーフマラソン大会応援

仙台国際ハーフマラソン大会は、平成30年度で28回目の大会となります。平成24年度からトップランナーに加えて、市民ランナーも参加する大規模大会としてリニューアルして運営しています。
大会の開催にあたり、競技参加者のみならず、ボランティアとしての参加者や、沿道から応援する方々など大会に関連する多くの方々と一体となった大会運営に努め、仙台市の大規模スポーツ大会として定着してきています。
頂きました寄附につきましては、ボランティア、沿道応援を含む大会運営を始めとして、安全・安心な大会運行のため、交通規制の事前告知や、沿道警備の充実等に活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

marason

参加ランナーの安全確保のため、大会コースとなる道路の修繕を行います。

文化観光局スポーツ振興課
電話:022-214-8800
sim004210@city.sendai.jp

スポーツ振興

本市では、地域でのスポーツ活動を推進するため、スポーツ団体の育成や地域でのスポーツ大会などの開催・支援を行うとともに、スポーツに対する関心を高めていただくため、国際大会や全国大会などのスポーツイベントの開催・誘致に取り組んでいます。
その他、プロスポーツの振興やスポーツ施設の維持管理など様々な事業を実施しております。
頂きました寄附につきましては、これら、本市のスポーツ振興のために役立てさせていただきます。

【平成30年度の活用】

仙台学区民家庭バレーボール大会の様子

大規模スポーツイベントの開催・誘致やスポーツ施設の維持修繕、スポーツ用備品の購入費に活用させていただきます。

文化観光局スポーツ振興課
電話:022-214-8895
sim004210@city.sendai.jp

協働によるまちづくりの推進

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

協働によるまちづくりの推進

仙台市は、スパイクタイヤの全廃運動や定禅寺ストリートジャズフェスティバルなどに代表されるように市民活動が盛んであり、平成11年に「市民協働元年」を宣言してからは、仙台市市民活動サポートセンター等を拠点に、市民活動が育まれ、東日本大震災からの復興の大きな支えにもなりました。
仙台のまちをよりよくしたいとの想いを持つ多様な主体が協働して、安全安心の街づくりなどの社会的課題の解決やまちの魅力の創造に取り組める環境づくり等に寄附を活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

市民協働

仙台市市民活動サポートセンターの機能充実を図るための備品購入や地域による子どもの見守り活動への支援などの防犯事業等に活用させていただきます。

市民局市民協働推進課
電話:022-214-8002
sim004100@city.sendai.jp

市民局市民生活課

電話:022-214-6145
sim004110@city.sendai.jp

その他市政推進

寄附メニュー

事業概要

問い合わせ先

仙台まるごと応援

市政全般、仙台をまるごと全部応援したいと思っていただいた場合には、こちらをご選択ください。仙台市がこれからのまちづくりで、力を注いで行う事業に活用させていただきます。

【平成30年度の活用】

仙台市の風景

平成30年度は待機児童解消のため、認可保育所の整備に『仙台まるごと応援』にご寄附いただいた寄附金を活用させていただきます。これからもよりよいまちづくりを目指してまいります。

財政局財政企画課
電話:022-214-8111
zai003005@city.sendai.jp

仙台ふるさと応援寄附

お問い合わせ

財政局財政企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8111

ファクス:022-262-6709