現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 中小企業支援 > 支援メニュー > 新事業を展開したい > 施策 > 仙台市中小企業チャレンジ補助金 > 令和5年度仙台市中小企業チャレンジ補助金<フォローアップコース>について

更新日:2023年8月9日

ここから本文です。

令和5年度仙台市中小企業チャレンジ補助金<フォローアップコース>について

お知らせ

  • 令和5年6月1日 エントリー受付を開始しました。

令和5年度仙台市中小企業チャレンジ補助金

チャレンジ補助金マークの画像社会の変化に対応するため、新たな商品やサービスの開発、新分野展開などに取り組む市内の事業者を支援し、地域経済を牽引する事業の創出を図ります。

今年度は<一般募集コース>(※募集は終了しました)と<フォローアップコース>の2つの方式により募集を行います。
本ページは<フォローアップコース>に関するものです。


目次

 

フォローアップコースの概要

補助金額や補助対象経費などは<一般募集コース>と同じですが、申請方法と受付期間が異なります。

受付期間は<一般募集コース>の募集終了後の令和5年6月1日(木曜日)から10月31日(火曜日)までとなります。

申請前にエントリーを行うことと、申請しようとする事業(補助金を活用して行う事業)の事業計画策定支援を受けることが必要です。

フォローアップコースの流れ

(1)郵送又はメールでエントリーする

フォローアップコース1

要件を満たすことを確認の上、エントリーシート等の必要書類を提出します。

(2)エントリー受理後、仙台市産業振興事業団の支援を受けながら事業計画を策定する

フォローアップコース2
指定するセミナーの受講や、専門家による個別支援を受けます(一定期間)。

※公益財団法人仙台市産業振興事業団は、中小企業の支援を行う公的支援機関です。
 支援は仙台市産業振興事業団が設置する中小企業応援窓口(オーエン)で行います。
 仙台市産業振興事業団の詳細は仙台市産業振興事業団ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください

※セミナーは、オンラインでの録画配信となり、都合のよい時間に受講いただけます。エントリー受理後、配信ページのURLをお知らせします。

(3)支援が終了したら、補助金申請を行い、審査を受ける

フォローアップコース3

市において専門家等による書面審査を実施し、採択・不採択を決定します。
(必ず採択されるわけではありません。)

(4)事業を実施し、事業完了後に補助金の交付を受ける

フォローアップコース4

事業完了後に実績報告書を提出いただき、補助金額が確定した後に補助金交付となります。

 

フォローアップコースのメリット

  • 受付期間が長い

 

フォローアップコース5

エントリー受付期間は令和5年6月1日(木曜日)から10月31日(火曜日)まで。
自社のタイミングに合わせてエントリーすることができます。

※予算上限に達する見込みとなった場合には、締切前にエントリー受付を終了する場合があります。また、補助対象事業は令和6年2月29日(木曜日)までに完了する必要があります。

  • 事業計画策定支援を受けられる

フォローアップコース6

新規事業の立ち上げに必要な知識を提供するセミナーの受講や、事業計画の策定にあたって専門家による個別支援を受けることができます。

専門家の助言を活かすことで、実現性の高い事業計画を策定することができます。

※チャレンジ補助金は審査により採択・不採択が決定するものであるため、支援を受けても採択されない場合があります。

  • 採択後の伴走支援も

フォローアップコース7

補助金申請後に採択され、実際に補助対象事業を実施するときにも、仙台市産業振興事業団による伴走支援を受けることができます。

 

 エントリー受付期間

令和5年6月1日(木曜日)から令和5年10月31日(火曜日)まで

 

 補助金額・補助率

申請枠 補助金額※千円未満切上げ 補助率
通常枠 上限200万円(下限50万円) 3分の2
特別枠 上限200万円(下限50万円) 4分の3

※令和5年度は協業枠の設定はありません。
※通常枠の場合は補助対象経費(税抜)が300万円以上、特別枠の場合は補助対象経費(税抜)が2,665,334円以上の場合に、補助金額が上限の200万円となります。
 通常枠の場合は補助対象経緯(税抜)が748,500円以下、特別枠の場合は補助対象経費(税抜)が665,333円以下の場合には、補助下限額50万円を下回るため、補助対象となりません。

 

 対象者

(1)中小企業者等(1.及び2.を満たす者)

  1. 市内に本店または主たる事務所の登記を行っていること
  2. 資本金の額等が10億円未満(定められていない場合は、常勤の従業員数が2,000人以下)の法人

(2)個人事業者

  市内に住民登録があることまたは市内に施設を所有・賃借し、当該施設で事業を行っていること

 

 補助対象事業

社会の変化に適応するために取り組む次のいずれかの事業(「チャレンジ事業」と言います。)

  1. 新たな製品や商品もしくはサービスを提供すること
  2. 製品または商品もしくはサービスの製造方法または提供方法を変更すること

※補助対象事業は令和6年2月29日(木曜日)までに完了する必要があります。

補助対象事業(チャレンジ事業)の採択事例

訪問ペット火葬サービス
[新サービスの提供]

訪問ペット火葬サービス

近年のペット飼育数の増加に対応し、新たに訪問ペット火葬サービスを開始。専用車で依頼主の元へ赴き、大切なペットとのお別れをサポート。

【補助対象経費の例】
専用車の購入費、ホームページ作成費など

クリーニング品の無人受け渡しサービス
[サービス提供方法の変更]

無人受け渡しサービス

非接触・時短の需要に対応し、クリーニング品の無人受け渡しサービスを開始。専用アプリを使うことで、閉店中でも衣類の預け入れ・受け取りができる。

【補助対象経費の例】
店舗の改修工事費、システム構築費など

 

 補助対象経費

補助対象事業の実施に必要な経費のうち、以下を全て満たす費用を補助対象とします。

  1. 使用目的が補助対象事業の遂行に必要なものと明確に特定できること
  2. 領収書等の証拠資料によって支払金額が確認できること
  3. 令和5年4月1日(土曜日)以降に発注または契約し、令和6年2月29日(木曜日)までに支払う経費であること
主な補助対象経費の例
費用区分 経費の例示
建物費 店舗の改修費
機械装置・システム構築費 システムやアプリの開発費、キッチンカー等の専用車両の購入費、設備の導入費
専門家経費 専門家への相談費(コンサル料など)
外注費 パッケージデザイン費、品質検査費
広告宣伝・販売促進費 チラシ作成費、SNS広告費、展示会出展料
開発費 試作品の加工費や原材料費

上記のほか、技術導入費、運搬費、クラウドサービス利用費、知的財産権等関連経費、研修費、旅費、資料購入費、設備処分費、感染防止対策経費も補助対象経費です。

 

 主な要件

  1. 令和4年5月から令和5年4月までの任意の1か月(対象月)の売上高が、前3か年における任意の同月(基準月)の売上高と比較して10%以上減少していること
  2. 特別枠に申請する場合には、1.に加えて同じ対象月の売上総利益(又は営業利益)が、同じ基準月の売上総利益(又は営業利益)と比較して10%以上減少していること
  3. 令和6年2月29日(木曜日)までに補助対象事業が完了すること
  4. 同じ事業について、他の補助金等の交付決定を受けていないこと
  5. 交付の申請を行う前に、フォローアップコースにエントリーの上、公益財団法人仙台市産業振興事業団の実施するセミナーの受講や事業計画の策定支援を受け、「支援証明書」の交付を受けること

その他の要件は募集要領をご確認ください。

 

 エントリー方法

エントリーシートを郵送またはメールで下記提出先宛てに送付してください。

募集要領・エントリーシートは、ページ下部からダウンロードしてください。

提出先

【郵送】〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-6-1 仙台パークビル9階

    仙台市役所『仙台市中小企業チャレンジ補助金<フォローアップコース>』担当 宛て

※必要事項の記入漏れがないよう、宛名ラベルをご活用の上、ご提出をお願いします。

エントリーシート郵送時の宛名ラベル(PDF:168KB)

 

 申請方法

仙台市産業振興事業団による支援の終了後、申請書等の書類を郵送またはメールで下記提出先宛てに送付してください。

募集要領・申請様式等は、ページ下部からダウンロードしてください。

提出先

【郵送】〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-6-1 仙台パークビル9階

    仙台市役所『仙台市中小企業チャレンジ補助金<フォローアップコース>』担当 宛て

 

※申請に必要な書類の不足がないよう、チェックシートなどをご活用の上、ご提出をお願いします。

提出書類のチェックシート(中小企業者等用)(ワード:22KB)

提出書類のチェックシート(個人事業者用)(ワード:23KB)

申請書郵送時の宛名ラベル(PDF:102KB)

 

 審査方法

審査基準に基づき、専門家等による書面審査により採択者を決定します。

採択予定件数:<一般募集コース>及び<フォローアップコース>合わせて30件程度

 

 スケジュール

令和5年6月1日(木曜日) フォローアップコースエントリー募集開始

令和5年10月31日(火曜日) フォローアップコースエントリー期限

エントリー後は、事業計画策定支援が終了した方から順次申請を受け付け、採択者を決定していきます。

チャレンジ補助金は審査により採択・不採択が決定するものであるため、支援を受けても採択されない場合があります。

※予算上限に達する見込みとなった場合には、締切前にエントリー受け付けを終了するときがあります。

 

 募集要領・様式

募集要領

令和5年度仙台市中小企業チャレンジ補助金事業<フォローアップコース>募集要領(PDF:1,008KB)

エントリー様式

エントリーシート(ワード:31KB)

(参考)記載例

エントリーシート【記載例】(ワード:43KB)

申請様式

交付申請書(様式第1号)(ワード:57KB)

(Word版)収支計画書(様式第1号別紙)(ワード:35KB)

(Excel版)収支計画書(様式第1号別紙)(エクセル:24KB)

事業計画書(様式第1号の2)(ワード:36KB)

申請に必要な書類は、上記様式以外にも複数ございます。募集要領を必ずご確認ください。

(参考)様式の記載例など

交付申請書(様式第1号)【記載例】(ワード:76KB)

収支計画書(様式第1号別紙)【記載例】(エクセル:20KB)

 

案内チラシ(一般募集コース・フォローアップコース共通)

チラシ表チラシ裏

令和5年度仙台市中小企業チャレンジ補助金チラシ(PDF:583KB)

 

 お問い合わせ先

仙台市経済局中小企業支援課 チャレンジ補助金担当

電話:022-214-7338(平日8時30分~17時15分)

Eメール:challenge-follow-up@city.sendai.jp

よくあるお問い合わせ(FAQ)

お問い合わせの前にご確認ください。

よくあるお問い合わせ(FAQ)(令和5年6月1日時点版)(PDF:315KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局中小企業支援課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-7338

ファクス:022-214-8321