現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 4月 > 新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(発表内容)

更新日:2020年4月3日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(発表内容)

令和2年4月1日

 

 

また仙台市で新たに4人の新型コロナウイルス感染症の患者が確認をされました。4名の方ともに、先に公表いたしました陽性患者の方々が利用していた青葉区の飲食店、HUB(ハブ)一番町四丁目店を3月20日の夜から21日の深夜の間に利用されております。いずれの方も3月30日にコールセンターにご連絡をいただきまして、31日に帰国者・接触者外来を受診、PCR検査の結果、本日午前9時ごろ陽性を確認したところです。

まず患者Aさんです。仙台市在住の20代女性、外国籍の方です。この方は仙台市立仙台高等学校のALTであります。発症の状況についてはまだ聞き取りができておりません。市内のALT3人のグループで3月20日、おおむね20時から23時にHUBで飲食をしたとのことであります。また、3月22日に金華山にハイキングに出かけたほか、24日から27日まで学校に出勤をしたと聞いております。

そして患者Bさんですが、患者AさんとHUBを利用したALTグループのお一人であります。仙台市在住の20代女性、外国籍で、こちらの方は仙台市立六郷中学校のALTであります。3月23日に発熱があり、同日医療機関を受診しております。3月22日に金華山にハイキングに行ったほか、3月26日と27日には学校に出勤しています。

次に3人目、患者Cさんであります。仙台市在住の20代男性、日本国籍の方です。3月25日夜からのどの痛みがあって、その後、倦怠感と発熱があったとのことです。HUBの利用ですけれども、3月20日のおおむね20時から24時に飲食をしたと聞いております。3月26日から27日にかけて患者Cさんですが、東京に行かれたとのことですが交通手段など詳細は調査中です。

最後に患者Dさんです。仙台市在住の20代男性、日本国籍の方です。発症日でありますけれども、3月27日から倦怠感やのどの痛み、のどの違和感があり、においが分からなくなったと聞いています。3月20日の24時頃から翌1時頃までHUBで飲食をしたとのことです。

今回のそれぞれのグループの間で接触があったかどうかということについては、現在のところ分かっておりません。また先に感染が確認されました患者のグループと接触があったか、この点についても不明でございます。

4人の皆さんともに、本日、県内の感染症指定医療機関に入院をされました。今後、保健所において積極的疫学調査を行いまして、詳しい行動歴を調査し濃厚接触者を把握してまいります。

3月20日および21日の両日にHUB仙台一番町四丁目店を利用した方からは、現在たいへん多くのご連絡を頂戴しております。利用時間帯、症状の有無にかかわらず、ご連絡をいただきたいと思いますので、まだの方はコールセンター「022-211-3883」までご連絡をお願いしたく存じます。

この店舗を利用された方の感染は、これで9名ということになりました。本市といたしましては、これはクラスターが発生したと捉え、本日、宮城県を通じて厚生労働省のクラスター対策班の派遣を要請したところでございます。

また、患者Aさん、患者Bさんが勤務する2つの学校につきましては、現在、校内の消毒作業を手配しております。これらの学校の教職員は、必要最小限の人員を除き明日から自宅待機といたします。そしてこの2校とも始業式および入学式は延期することとし、日程については決まり次第、保護者の皆さま等にお知らせをさせていただきたいと存じます。それからこの2つの学校以外の学校の新学期の取り扱いですけれども、これにつきましては予定どおり4月8日から再開する方向ですけれども、今後の県内・市内の感染の広がりというのを十分に注視してまいりたいと思います。

この状況を受けまして、私から市民の皆さま方に改めてお願いをいたします。手洗い、咳エチケットなどの基本的な感染症対策がまず第一、基本のことでございますけれども、どうかご家族の皆さんや周りの方々と声をかけあっていただいて、皆さんで取り組んでいただきますようにお願いを申し上げます。それから発熱や風邪症状がみられる場合は思い切って会社を休んでいただく、それからまた外出を取りやめていただくなどお願いをしたいと思います。このことはご自身だけでなく周りの方を守ることにつながります。会食などが多いこの時期ではありますけれども、換気が悪く、そしてまた人が密に集まって過ごすような場所に集団で集まっていただくということは避けていただきますように、重ねてお願いをいたします。本市におきましても若い世代の方々の感染が次々と確認されているところでございます。どうぞ若い世代の皆さまには、ご自身の感染を防ぐことということはもちろんのこと、自覚症状がないままうつしてしまうこともございますので、十分に意識をして行動していただきますようにお願いを申し上げます。

 


仙台市長 郡 和子