現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 4月 > 都市再生緊急整備地域の拡大等について国へ素案の申し出を行いました(発表内容)

更新日:2020年4月15日

ここから本文です。

都市再生緊急整備地域の拡大等について国へ素案の申し出を行いました(発表内容)

令和2年4月14日

 

 

せんだい都心再構築プロジェクトの第1弾施策として都市再生緊急整備地域の拡大に向けて取り組んでおりましたが、今般拡大する区域等の素案について取りまとめまして、国への申し出を行いましたのでお知らせをいたします。

都市の再生の拠点として民間開発などを推進する都市再生緊急整備地域の拡大を申し出ることに加えまして、東北で初めてとなる「特定都市再生緊急整備地域」、この新規指定についても申し出を行うものでございます。この新たな特定都市再生緊急整備地域は、国際競争力を強化する上で重要なエリアとして位置付けられるもので、例えば国際水準のオフィスやハイクラスのホテルなどの整備が促進されることを期待するものです。

それぞれの区域はお手元の資料にございますが、都市再生緊急整備地域は、都心再構築プロジェクトの都心機能強化の重点ゾーンを基本として都市開発事業の機運が高いエリアが含まれるよう拡大をしております。新規の指定の申し出となります特定都市再生緊急整備地域は、都心の中でも特に商業・業務機能が集積する仙台駅周辺と青葉通周辺を区域としています。また、それぞれの区域内の民間事業や公共事業の整備の目標や方向性を示す地域整備方針も素案として取りまとめております。

今後、内閣府が区域指定に向けて手続きを行うことになりますが、本市においても新たな地域指定を見据え、せんだい都心再構築プロジェクトにおける他の施策との連携を図りながら、都市開発事業の一層の機運醸成につなげてまいりたいと考えております。

 


仙台市長 郡 和子