現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 4月 > せんだい都心再構築プロジェクト 老朽建築物の建替え第1号が決定しました(発表内容)

更新日:2020年4月8日

ここから本文です。

せんだい都心再構築プロジェクト 老朽建築物の建替え第1号が決定しました(発表内容)

令和2年4月7日

 

 

今日は嬉しいニュースであります。

本市では、都心部の機能強化に向けまして「せんだい都心再構築プロジェクト」に取り組んでいるところでございます。昨年の7月には、第一弾の施策を公表させていただきましたけれども、その施策の一つとして、喫緊の課題であります老朽建築物の建て替えの促進、それからまた企業誘致の受け皿となる高機能オフィスの整備に向けて「仙台市都心部建替え促進助成制度」、これを創設したところでございます。

このたび、この助成制度を活用して新築ビルへの建て替えの第1号といたしまして、NTT都市開発株式会社の開発事業を指定をいたしたところでございますのでお知らせをいたします。

この開発事業は高機能オフィスのほか、まちのにぎわいの創出に寄与するオープンスペースなどが整備をされる計画と伺っております。事業者からは、次世代放射光施設に関連した企業の誘致も図りたいということでございまして、このプロジェクトにより新たな企業の誘致とともに、都心部における交流人口の拡大や新たなにぎわいが創出をされると大変期待をしているところでございます。

今後も引き続き、NTTグループとともに都心部の活性化に向けました取り組みを進めてまいりたいと考えております。連携の在り方について、協議を今進めているところでございます。

この事業がリーディングプロジェクトとなって、都心部の老朽建築物の建て替えや、高機能オフィスの整備に弾みがつくということを願っているところでございます。


仙台市長 郡 和子