更新日:2021年5月12日

ここから本文です。

発表項目以外の質疑応答(令和3年5月11日)

令和3年5月11日

 

営業時間短縮の協力要請について

Q1

先日知事が時短要請に応じない店名を公表しました。それでその後2店が時短に応じるということで13店になりました。まずこの店名公表の意義、それで時短に応じるところが出てきた、その辺についてどのようにお考えになるかお聞きしたいのですけれども。

A1

さまざまな議論の上で法改正がなされてそのような強制力が付与されたわけであります。これからそれこそ時短要請にご協力をいただくところが出てきたということは大変好ましいことというふうに思っておりますし、なお、ご協力いただけていないところに対しても、ご協力をいただきたいというふうに思います。それでもなお命令に従わないというところについては、県がその先について法にのっとった形で進められるのだろうと思います。

 

Q2

明日第5期分の協力金(の申請受け付け)が始まります。これが第6期と続いていきますけれども、改めて飲食店の方々にお願いを求めることになります。その点について改めてお考えをお聞きしたいのですが。

A2

明日からまずは第5期と第5期延長分についての申請の受け付けを始めさせていただきます。少し複雑な形になりますからいろいろと大変だろうと思います。仙台市といたしましても、丁寧にご説明をした上で申請書の書き方についても寄り添った形で取り組ませていただき、速やかに支給に結び付けられるように努力をしてまいりたいと思います。

そしてまた第6期でございますけれども、これがまん延防止等重点措置が外れたことによって国の制度で協力金の額が下がってしまいますが、これまでと同じ額を市独自で上乗せをさせていただきます。大変長期にわたるところで苦しいところだとは思いますけれども、何とか感染の拡大を抑え込むためにご協力をお願い申し上げます。

 

 

仙台市長 郡 和子