更新日:2021年6月7日

ここから本文です。

精神科デイケア「アディクション回復支援コース」

精神科デイケア「アディクション回復支援コース」(令和3年7月から開始)

「アディクション回復支援コース」では、薬物(違法合法問わず)やアルコールの使用に関する悩みを抱えている方を対象に、テキストを使った回復支援集団プログラム(Drug&Alcohol Team Empowermentapproach Program→だてプロ)を行っています。これまでの生活習慣を見直したり、同じような悩みを抱えた仲間と一緒に薬物やアルコールを使わない方法を考えたりしながら、回復を目指すリハビリテーションです。

例えばこんな方に・・・

  • 薬物(違法合法を問わず)やアルコールの使用に関する悩みを抱えている方
  • 生活のリズムを整えたい方
  • これからの目標にむけて準備したい方

コース概要

  • 対象者
    仙台市内にお住まいがあり、薬物(違法合法を問わず)やアルコールの使用に関する悩みを抱えている15歳以上の方
  • 実施日時
    だてプロ:毎月第1、第3火曜日 13時から15時30分まで

  ※だてプロ以外のプログラムは、状況に合わせて選んで参加できます。

  • 通所期間
    原則1年ですが、必要に応じて更新できます。
  • 利用料
    デイケア通所料として、再診料+デイケア料がかかります。
    ※各種健康保険及び自立支援医療を適用できます。

プログラム構成

  • だてプロ:テキストを使ったグループ学習

  ※全12回で1コースですが、どの回からでも参加できます

  ※テキストでは、アディクションの仕組みや、薬物やアルコールを使うことになる引き金について学びます

  ※引き金に出会ったときの対応を一緒に考えます

  ※利用できる自助グループの紹介や、コミュニケーションのワークも取り入れています

  • クラブ活動

  ※ものづくり、テニスなどのスポーツ、音楽などがあります(各プログラムともおおむね週1回)

  ※集中力を高めたり、体力をつけたり、趣味を広げたりすることができます

  • 合同ゼミナール

  ※外来講師による講習をおこないます

  ※ストレス解消やリラックスのしかた、体力づくりの方法などを知ることができます

通所の流れ

  1. お問い合わせ
  2. 見学
  3. 主治医との相談
  4. 通所申し込み・主治医からの紹介状の提出(紹介状は規定の様式があります)
  5. 初回面接・当センター医師の診察
  6. 体験通所(4日間)
  7. 通所の可否について判定会議
  8. 通所開始
  9. 中間診察(通所から半年)
  10. 更新診察(通所から1年)または終了診察

お問い合わせ

健康福祉局精神保健福祉総合センター

仙台市青葉区荒巻字三居沢1-6

電話番号:022-265-2305

ファクス:022-265-2190