更新日:2017年1月25日

ここから本文です。

仙台市の主なポンプ施設

五ッ谷ポンプ場

揚水量:113.4立方メートル/分(汚水)・276.8立方メートル/分(雨水)

昭和41年6月に供用を開始した仙台市で最も古いポンプ場です。
河原町や若林地区の汚水を南蒲生浄化センターに送るほか、雨水を広瀬川に排水する機能も備えています。

郡山ポンプ場

揚水量:183.2立方メートル/分(汚水)・396.0立方メートル/分(雨水)

茂庭や西多賀、長町地区などの汚水を集めて南蒲生浄化センターに送るための施設です。長町地区の雨水排水の機能も備えています。

写真1
郡山ポンプ場

写真2
郡山ポンプ場内部

六丁目ポンプ場

揚水量:420.0立方メートル/分(汚水)

七北田川右岸幹線系統(長命ヶ丘、加茂、鶴ヶ谷などの団地や岩切地区などの汚水を流す幹線)、中央幹線(市内中心部の分流地区の汚水を流す幹線)、名取川左岸幹線(西多賀、長町地区の汚水を郡山ポンプ場を経由して流す幹線)などを集めて、南蒲生浄化センターに送るポンプ場です。六丁目監視センターも併設されています。

写真1
六丁目ポンプ場

鶴巻ポンプ場

揚水量:31立方メートル/分(汚水)・2560.0立方メートル/分(雨水)

原町東部の流通団地地区などの汚水を南蒲生浄化センターに送り、雨水を七北田川に排水するポンプ場です。

写真1
鶴巻ポンプ場

今泉雨水ポンプ場

揚水量:2500.0立方メートル/分(雨水)

昭和61年の8.5豪雨で大きな被害の出た荒井、沖野、霞目地区などの雨水を名取川に排水するポンプ場です。

写真1
今泉雨水ポンプ場

写真2
今泉雨水ポンプ場内部

落合ポンプ場

揚水量:2120.0立方メートル/分(雨水)

中田、四郎丸地区の雨水を名取川に排水するポンプ場です。

写真1
落合ポンプ場

マンホールポンプ場

マンホールポンプ場は低地区の汚水をくみ上げるための小さなポンプ場で、仙台市には185ヵ所のマンホールポンプ場が設置されています。

写真1
梅田川畔の公園の中にある中江ポンプ場
鉄板の下では水中ポンプが24時間働いています。

図1

マンホールポンプの仕組み

前後のページへ

お問い合わせ

建設局下水道調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎5階

電話番号:022-214-8820

ファクス:022-214-8273