更新日:2017年3月27日

ここから本文です。

仙台市の下水道施設

仙台市内には7つの処理区、4,486kmの下水道管、231ヵ所のポンプ場、5ヵ所の浄化センターがあり、仙台の水環境と皆さんの安全を守るため、日夜働いています。
また3ヵ所の地域下水道、15ヵ所の農業集落排水施設があります。

概要図

※この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものを使用しています。

 

施設のご紹介

浄化センター

下水道管、ポンプ場を経由して集められた汚水は浄化センターで処理され、川や海に放流されます。
市内の浄化センターは以下の5箇所です(詳しくは次ページ「仙台市の浄化センター」をご覧ください)。

  • 南蒲生浄化センター
  • 広瀬川浄化センター
  • 上谷刈浄化センター
  • 秋保温泉浄化センター
  • 定義浄化センター

ポンプ場

下水道管は高低差により下水を自然に流すつくりになっています。低いほうに流れるとだんだんと深くなります。一定の深さになったところにポンプを設けて下水をくみ上げ、再び下流に流します。

監視センターの画像

市内のほとんどのポンプ場は設備管理センター(若林区六丁の目)で遠方監視・制御をしています。各ポンプ場のデータを集約し、効率的に維持管理し、緊急時には迅速に対応できるようにするためです。
市内の主なポンプ場は以下のとおりです(詳しくは次々ページ「仙台市の主なポンプ施設」をご覧ください)。

  • 五ッ谷ポンプ場
  • 郡山ポンプ場
  • 六丁目ポンプ場
  • 鶴巻ポンプ場
  • 今泉雨水ポンプ場
  • 落合ポンプ場

関連資料

前後のページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

建設局下水道調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎5階

電話番号:022-214-8820

ファクス:022-214-8273