現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 12月 > 新型コロナウイルスワクチン間違い接種(3回目接種)の発生について

更新日:2021年12月28日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン間違い接種(3回目接種)の発生について

市内の医療機関において、インフルエンザワクチンの接種を希望していた方に対し、誤って新型コロナウイルスワクチンを接種する事案が発生していたことが判明しました。被接種者の方は新型コロナウイルスワクチンを既に2回接種済みであり、今回の事案により3回目の接種となったものです。被接種者の方におわびいたしますとともに、改めて新型コロナウイルスワクチン接種を実施している医療機関に対して注意喚起を行い、同様の事案が発生しないよう再発防止に努めてまいります。

 

1 概要

市内の医療機関において、新型コロナウイルスワクチンを2回接種済みの方がインフルエンザワクチンの接種を希望して受診した際、誤って新型コロナウイルスワクチン(3回目)を接種したもの。

 

2 被接種者

市内40代男性

 

3 経過

8月10日(火曜日)市内の接種会場にて、1回目の新型コロナウイルスワクチン(モデルナ社製)を接種

9月7日(火曜日)市内の接種会場にて、2回目の新型コロナウイルスワクチン(モデルナ社製)を接種

12月25日(土曜日)親族の新型コロナウイルスワクチン接種の付き添いで訪れた市内の医療機関で自身のインフルエンザワクチン接種を申し込んだところ、誤って3回目の新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製)を接種

12月27日(月曜日)当該医療機関および本人から本市に連絡があり、上記の事案が判明

 

4 原因

医療機関のスタッフが、付き添いで訪れた被接種者も含めて2人とも新型コロナウイルスワクチンを接種するものと誤認し、ワクチンの準備を行ったもの。また、医師も接種の際に本人への確認を怠ったもの。

 

5 再発防止策

本市および仙台市医師会において、ワクチン接種を実施している医療機関に対し改めて注意喚起を行い、接種前に使用するワクチンの種類の確認を確実に実施するなど、適正な接種の徹底を図る。

 

お問い合わせ

仙台市健康福祉局新型コロナウイルスワクチン接種推進室
電話番号:022-214-8069