更新日:2022年2月10日

ここから本文です。

令和4年度事業

令和4年度 市民協働事業提案制度 実施状況

募集要項

仙台市市民協働事業提案制度 募集要項(自由提案型・テーマ設定型)(PDF:718KB)

 

1 提案があった事業

新規提案事業(テーマ設定型)

提案事業一覧(最終審査)
提案事業名
中心部商店街でのスマートシティ実現に向けたデータ活用環境の整備と活用方法の検討

新規提案事業(自由提案型)

提案事業一覧(最終審査)
提案事業名

住民コミュニケーションの新たなチャンネル「片平デジタルマップ」の開設

 

2 採択候補事業

新規提案事業(テーマ設定型)

採択候補事業

事業名 中心部商店街でのスマートシティ実現に向けたデータ活用環境の整備と活用方法の検討
団体名 一般社団法人まちくる仙台
担当課 まちづくり政策局 デジタル戦略推進室、経済局 地域産業支援課
事業の概要

<目的>

 デジタル技術やデータを活用したまちづくりや地域課題の解決を持続的につなげていくため、それを有機的かつ機能的に維持していく枠組みとしてのスマートシティの実現を目指していく。同じ規格のセンサーを中心部商店街エリアに広範囲に、かつ長期間継続して設置して多くのデータを収集することで、より確度の高い分析に活用し、まちの課題解決に具体的につなげるための検討材料を蓄積する。

 

<事業内容>

  • ブルートゥースセンサーを用いた商店街エリアの人流データ調査
  • AIカメラ付きサイネージ等による人流データ把握と広告訴求効果の検証
  • 商店街関係者等とのデータ利活用方法の検討
検討会からの意見

 本提案事業は、市におけるスマートシティ実現に向けた取り組みの方向性と一致しており、協働想定課との協働により、事業の着実な実施が見込まれる点が評価されます。

 事業実施にあたっては、協働想定課と十分に協議を行い、次の点についてさらに検討を重ね準備を進めてください。

  • 本事業における取り組みにより、他の商店街への横展開や多様な主体によるデータの活用等が期待されますので、事業の中で取得したデータは可能な限り公表し、多様な方から分析の助言を得てわかりやすい周知説明をしてください。
  • データの分析にあたっては、商店をはじめとする地域の方々が実際に活用できるよう、わかりやすく有用性の高いものとなるよう工夫してください。また、データの活用を実践する具体の取り組みをぜひご検討いただき、データ活用の見込みがないままに事業が終了することのないよう進めてください。
  • 本提案事業実施後を見据え、商店街の他の取り組みと併せた事業実施の検討や調整等を貴団体が中心となって行い、本事業を効果的に活用し当該地域の課題解決を目指してください。

新規提案事業(自由提案型)

採択候補事業なし

 

3 年間スケジュール

スケジュール表(新規提案事業)

募集説明会

新型コロナウイルス感染症の影響により中止。

応募の事前相談時に個別に実施。

事業提案書提出締切

令和3年9月27日

一次審査

令和3年10月29日

(最終審査)公開プレゼンテーション

令和4年1月17日

事業開始 令和4年4月1日

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局市民協働推進課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階 

電話番号:022-214-8002

ファクス:022-211-5986