ENGLISH

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 主な収蔵品 > 主な収蔵品(一覧) > 主な収蔵品(服飾(1))

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

主な収蔵品(服飾(1))

1.絵画 2.浮世絵 3.武器・武具 4.服飾 5.陶磁 6.漆器 7.人形

8.歴史資料 9.地図・絵図 10.慶長遣欧使節 伊達政宗 支倉常長 収蔵資料目録

4.服飾(1)

山形文様陣羽織

山形文様陣羽織
(黒羅紗地裾緋羅紗
金銀モール陣羽織)
(やまがたもんようじんばおり
(くろらしゃじすそひらしゃ
きんぎんもーるじんばおり))

作者

 

形質

黒羅紗地

大きさ(cm)

丈61.0 裄22.0

年代

江戸初期

指定

重要文化財

伊達政宗所用の陣羽織。羅紗という毛織物で作られている。黒羅紗地(くろらしゃじ)に金銀のモールの縞をのせ、裾は緋色(ひいろ)の羅紗で山形文様に表している。この山形文様は、黒と緋の羅紗両方を輪郭がピタリと合うように切断し、さらに縫い目が見えないように羅紗の切断面をすくって縫い合わせる切嵌(きりばめ)という技法を用いている。また衿(えり)には焦げ茶色の襞(ひだ)飾りがついていた跡があり、当初は南蛮(なんばん)服飾に見られる襞衿(ひだえり)のような形だったと考えられる。桃山時代に流行した南蛮趣味の色濃い陣羽織である。伊達家寄贈文化財。

ページの先頭へ戻る

小紋染胴服

小紋染胴服
(こもんぞめどうふく)

作者

 

形質

平絹地

大きさ(cm)

丈92.0 裄61.0

年代

桃山 16世紀

指定

重要文化財

藍で染め小花文を表した絹地の胴服。胴服は衣服や甲冑の上にはおって着る腰までの短い上着である。この胴服の裂地(きれじ)は中国からもたらされたと思われる広幅の裂を用いている。伊達政宗の家臣で白石を領地としていた片倉小十郎重長が、伏見に滞在していた慶長(1596~1615)の初め頃に、豊臣秀吉から拝領(はいりょう)したものとされる。片倉家資料。

ページの先頭へ戻る

縫い取り織陣羽織

木綿縫取織陣羽織
(もめんぬいとりおりじんばおり)

作者

 

形質

木綿地、黒羅紗地

大きさ(cm)

丈79.0 裄27.0

年代

江戸初期 17世紀

指定

 

前身頃と背面の裾は横縞の木綿地に、人物や花・樹木・幾何学模様を刺繍した陣羽織である。背面の大部分と衿は無地の黒羅紗地を用いている。仕立ては日本としても、裂地(きれじ)は外国製と考えられる。この陣羽織が伝来した片倉家の家伝では、支倉常長の持ち帰ったものとしている。片倉家資料。

お問い合わせ

教育局博物館

仙台市青葉区川内26

電話番号:022-225-2557

ファクス:022-225-2558