ENGLISH

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 主な収蔵品 > 主な収蔵品(一覧) > 主な収蔵品(陶磁)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

主な収蔵品(陶磁)

1.絵画 2.浮世絵 3.武器・武具 4.服飾 5.陶磁 6.漆器 7.人形

8.歴史資料 9.地図・絵図 10.慶長遣欧使節 伊達政宗 支倉常長 収蔵資料目録

5.陶磁

堤焼 海鼠釉壷

堤焼 海鼠釉壷
(つつみやき なまこゆうつぼ)

作者

 

形質

陶器

大きさ(cm)

高44.5 口径20.8

年代

19世紀

指定

 

堤焼は仙台市青葉区堤町で焼かれた陶器。江戸時代、元禄年間(1688~1704)に江戸の陶工上村万右衛門が仙台に招かれ、堤町で焼くようになったのが始まりと伝える。堤焼は江戸時代には「仙台焼」「杉山焼」と呼ばれ、茶器や日用品が製作された。幕末頃に生産が拡大し、明治以降には写真のような黒釉に白釉を流した海鼠釉の壺や鉢などが、数多く作られるようになった。

ページの先頭へ戻る

切込焼 染付網手花卉文徳利

切込焼 染付網手花卉文徳利
(きりごめやき そめつけあみてかきもんとっくり)

作者

 

形質

磁器

大きさ(cm)

高さ37.2

年代

19世紀

指定

 

切込焼は宮城県北部の加美町(旧宮崎町)切込で焼かれた磁器。創始時期には種々の説があるが、古文書や伝世品の銘などから、開窯は遅くとも天保年間(1830-44)頃と考えられる。その後、明治初めには廃れた。染付磁器を多く生産したほか、三彩や瑠璃釉などの製品も作られた。特に、染付の徳利が有名で、どっしりと安定感のある写真のような「らっきょう形」徳利がよく知られている。宮城正俊氏寄贈。

ページの先頭へ戻る

上野目焼 白釉扇形変形皿

上野目焼
白釉扇形変形皿
(かみのめやき
はくゆうおうぎがたへんけいざら)

作者

 

形質

陶器

大きさ(cm)

横幅24.3(2点とも)

年代

19世紀

指定

 

上野目焼は、宮城県北部の岩出山町上野目で焼かれた陶器。創業時期に関する記録はないが、文政六年(1823)の銘をもつ壺が伝えられおり、文化・文政年間頃には開始され、明治初め頃まで続いた。大堀相馬焼(福島県)に類似するものが多く、その影響を受けたようだ。この皿も、白釉地に緑釉や飴釉を流した型押しの皿で扇形をしている。

ページの先頭へ戻る

大堀相馬焼 鉄絵馬図徳利

大堀相馬焼 鉄絵馬図徳利
(おおぼりそうまやき てつえうまずとっくり)

作者

 

形質

陶器

大きさ(cm)

高さ29.1

年代

19世紀

指定

 

福島県浜通り浪江町大堀で焼かれた陶器。元禄三年(1690)頃より大堀村の半谷休閑やその使用人左馬が始めて以来、現在も生産が続けられている。18世紀後半頃には生産も拡大し、仙台(遺跡)でも数多く流通するようになった。写真の徳利は細い口には黒釉がかけられ、胴部にはこの焼物に特徴的な鉄絵の馬が描かれるなど、19世紀頃の代表的な徳利である。

お問い合わせ

教育局博物館

仙台市青葉区川内26

電話番号:022-225-2557

ファクス:022-225-2558