ENGLISH

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 主な収蔵品 > 主な収蔵品(一覧) > 主な収蔵品(漆器(1))

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

主な収蔵品(漆器(1))

1.絵画 2.浮世絵 3.武器・武具 4.服飾 5.陶磁 6.漆器 7.人形

8.歴史資料 9.地図・絵図 10.慶長遣欧使節 伊達政宗 支倉常長 収蔵資料目録

6.漆器(1)

花樹に貝尽し蒔絵調度

花樹に貝尽し蒔絵調度
(かじゅにかいづくしまきえちょうど)

作者

 

形質

木胎漆塗

大きさ(cm)

鏡台 縦26.5 横26.5 高62.5

年代

江戸前期 17世紀

指定

 

豊臣秀吉の側室であった香の前(お種)の調度という伝承があり、長く亘理家に伝来した。蒔絵や金貝(かながい)の技法を用いて豪華に表している。写真は鏡台。この他に櫛箱やお歯黒を入れる附子箱(ふしばこ)、耳盥(みみだらい)などがある。

ページの先頭へ戻る

花鳥山水蒔絵筝

花鳥山水蒔絵筝
(かちょうさんすいまきえそう)

作者

石村近江守忠貞

形質

木胎漆塗木画

大きさ(cm)

長185

年代

元禄2年(1689)

指定

市指定文化財

十三弦筝。筝の内部に制作者の石村近江守忠貞の銘がある。筝側面には四季の動植物が蒔絵で表され、さらに紫檀や黒檀といった高価な木材をはめ込む木画(もくが)技法で装飾している。付属の筝柱にも孔雀羽を描く。伊達家寄贈文化財。

ページの先頭へ戻る

葵紋菊蒔絵耳盥・台輪

葵紋菊蒔絵耳盥・台輪
(あおいもんきくまきえ
みみだらい・だいわ)

作者

 

形質

木胎漆塗

大きさ(cm)

耳盥径27.7 台輪28.9

年代

江戸中期 18世紀

指定

 

耳盥は女性がお歯黒を付ける時に用いる盥で、両側に耳のような形の取っ手があるのでこの名がある。耳盥は台輪と呼ばれる台に乗せて用いる。耳盥・台輪共に黒漆地に金銀蒔絵で葵紋や菊の花を表している。耳盥の見込み(内面)には水辺の景を表している。6代藩主伊達宗村夫人となった徳川利根姫(1717~1745)の調度と考えられる。伊達家寄贈文化財。

お問い合わせ

教育局博物館

仙台市青葉区川内26

電話番号:022-225-2557

ファクス:022-225-2558