現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 4月 > 新型コロナウイルス感染症の状況について(所感)

更新日:2020年4月22日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の状況について(所感)

令和2年4月22日

 

仙台市で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから間もなく2カ月がたちます。先月末からは英国風パブを起点としたクラスターが複数発生し、連日感染者が確認されるなど大変に厳しい状況が続いております。

この間、感染リスクと戦いながら最前線の医療現場で献身的に対応に当たってくださっている医療関係者の皆さまに、心から敬意を表します。

緊急事態宣言が全国に拡大された中ではありますが、日曜日から昨日まで3日続けて、仙台市内での感染者は確認されておりません。この間、外出自粛や学校の休業など、さまざまな制約やご不便をおかけしている中での市民の皆さまの忍耐強さと良識ある行動に改めて深く感謝を申し上げます。

しかしながら、これからが正念場であります。むしろこれまで以上の取り組みが求められていると、このように考えます。いよいよ大型連休がやってまいりますが、ここが新型コロナウイルスを抑え込めるかどうかの分岐点となります。例年であれば、離れているご家族や仲間が訪れたり、またご家族で旅行に出かけたりと心浮き立つ時期に大変心苦しく思いますが、どうか今年は移動や帰省、これは控えていただき、人と会うのは極力避けていただきたく思います。

感染防止に向けて、私を先頭に市役所一丸となって取り組んでまいりますので、市民の皆さまのご理解ご協力を重ねてお願いをいたします。

 

仙台市長 郡 和子