現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 防災・災害対策 > 災害に備えて > 大雨時の避難情報を変更しました

更新日:2019年6月7日

ここから本文です。

大雨時の避難情報を変更しました

大雨時の避難情報を変更しました。

 平成30年7月豪雨では、西日本を中心に死者・行方不明者が200名を超える平成最大の豪雨災害となりました。この豪雨では多くの被災地の自治体から様々な防災情報が発信されるなど、避難行動を促す情報が出されました。しかしながら、情報が多様かつ難解であったため、うまく活用できない状況でありました。

 これを踏まえ内閣府では平成31年3月に「避難勧告に関するガイドライン(リンク先を参照)」(以下、「ガイドライン」。)を改定しました。これを受け本市では既存の避難勧告等の情報に加え、「警戒レベル」を付して避難を促す情報を発令することとし、市民の皆様がとるべき行動を直感的に理解しやすくしました。

 なお、今回のガイドラインの改定では大雨時の避難情報に「災害発生情報」が新たに追加されております。

変更の概要

 新たな避難情報及び「警戒レベル」の詳細は下の表に示すとおりです。

避難を呼びかける情報の種類
警戒レベル 名称 意味

1

早期注意情報(警報級の可能性) 気象庁から発表されます。防災気象情報等の最新情報に注意するなど災害への心構えを高めてください。

2

注意報 気象庁から発表されます。災害リスク、避難場所や避難経路の再確認など、避難に備え自らの避難行動を確認してください。

3

避難準備・高齢者等避難開始

災害を予測して、避難の準備を呼びかけるために発令するものです。また、お年寄りや体の不自由な方は避難を開始する目安としてください。

4

避難勧告

※全員避難開始

災害が発生するおそれがあるため、立ち退き避難を促すために発令するものです。災害の状況に応じて適切に避難してください。

4

避難指示(緊急)

※全員避難開始

災害の危険が目の前に迫り、避難しなければ生命の危険が高まるような状況にある場合に発令するものです。直ちに避難してください。

5

災害発生情報

既に災害が発生している状況であり、危険が迫っています。命を守るための最善の行動をとってください。

※ 警戒レベル1及び2は気象庁が発表、3~5の情報は本市が発令。

  避難勧告に関するガイドラインの改定(外部サイトへリンク) 

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3048

ファクス:022-214-8096