現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 防災・災害対策 > 災害に備えて > 土砂災害に注意してください!!

更新日:2021年5月20日

ここから本文です。

土砂災害に注意してください!!

近年、全国各地で局地的な大雨や記録的な大雨が多発しており、土砂災害(土石流、地すべり、がけ崩れ)の被害が発生しています。
土砂災害による被害が発生するおそれのある区域として、国の通達を基に抽出された「土砂災害危険箇所」や、「土砂災害危険箇所」を基に宮城県で調査を行って指定された「土砂災害警戒区域等」などがあります。これらの区域の指定については開発調整課のページで説明しているほか、仙台防災ハザードマップで具体的な場所や避難の際の注意点などをお知らせしています。また、さらに詳しい地図情報について、せんだいくらしのマップ(外部サイトへリンク)でもご覧いただけます。
お住まいの場所や近所に危険な場所がないか事前に知っておくとともに、土砂災害の危険が迫った場合の行動について確認をお願いします。

普段からの準備

土砂災害の発生するおそれがある場合、早めに避難するなど、災害を回避するための適切な行動を取る必要があります。いざという時に備え、普段から準備しておくことが重要です。

  • 仙台防災ハザードマップなどを活用し、避難所や避難経路を事前に確認しておきましょう。
  • 災害発生時には通れない道もあります。避難経路は複数確認しておきましょう。
  • 非常持ち出し袋を準備しましょう。
  • 自力で避難することが困難な方は早めの避難が必要です。お年寄りや体の不自由な方が安全に避難できるよう協力しましょう。

土砂災害の前兆現象

土砂災害の元となる自然現象はおおむね以下の3種類です。これらの自然現象によって発生する被害のことを土砂災害と呼んでいます。地鳴りなどの土砂災害の前兆となる現象(下の表を参照)を確認したらいち早く避難するとともに、消防などの関係行政機関への通報をお願いします。

土砂災害の種類

名称

土石流

地すべり

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)

概要

集中豪雨や長雨などによって、山腹斜面や渓流の土石や流木が一気に押し流される自然現象。

斜面の一部分あるいは全部が地下水の影響と重力によりゆっくりと斜面の下に移動していく自然現象。

地面にしみ込んだ水分が土の抵抗力を弱め、雨や地震などの影響によって急激に斜面が崩れ落ちる自然現象。

前兆現象

  • 地鳴りがする
  • 沢の水位が急激に減る
  • 沢の水が異常に濁る
  • 流木が発生する
  • 地鳴りがする
  • 池や沼の水位が急変する
  • 井戸水が濁る
  • 落石や地面のひび割れが発生する
  • 地鳴りがする
  • がけから小石が落ちてくる
  • 湧水が発生する(止まる、濁る)
  • 斜面がふくらむ

イメージ図

土石流のイメージ画像

地すべりのイメージ画像

がけ崩れのイメージ画像

市がお知らせする避難情報

避難の判断を行うためには、気象情報や避難情報を入手することも重要です。
市では市民の安全を守るため、以下に示すように避難情報を3段階に分け、対象の地域と開設する避難所等をお知らせしています。自らの命を守るため、危険を感じた場合には速やかに行動しましょう。
なお、これらの情報はテレビ、ラジオ、広報車等によってお知らせするほか、ホームページやメールでも提供しています。このページの一番下にリンクを掲載しておりますので、ぜひご活用ください。

仙台市が発令する避難情報の種類

警戒レベル

名称

内容

状況

5

緊急安全確保

災害の危険が目前に迫っているか、既に発生している状況です。命の危険が迫っていますので、直ちに身の安全を確保してください。避難所へ避難することが危険な場合は、今よりも安全な場所へ移動する等、命を守る行動をとってください。

災害発生または切迫

4

避難指示

災害が発生するおそれが高い状況で発令する情報です。危険な場所からただちに避難してください。

災害のおそれ高い

3

高齢者等避難 高齢者や障害者など、避難に時間がかかる方や早期の避難が望ましい地域の方に避難を呼びかける情報です。それ以外の方も避難の準備をして、危険を感じるときなどは自主的に避難してください。 災害のおそれあり

土砂災害から命を守る

避難する際には以下のような点に注意が必要です。無理せず安全に避難しましょう。

  • 夜間に大雨が予想される時は、暗くなる前の避難がより安全です。特にお年寄りや体の不自由な方は早めの行動を心がけましょう。
  • 仙台防災ハザードマップなどでお知らせしている危険な区域(土砂災害警戒区域等)の外へ直ちに避難しましょう。
  • 土砂災害の危険があっても、十分堅牢なマンション等の上層階に住んでいる場合は、自宅にとどまり安全確保することも可能です。
  • 危険な区域の外であったり、避難情報が出されていなくても、危険を感じた場合には自主的に避難しましょう。
  • 近所に声がけし、できるだけ2名以上で行動しましょう。
  • 大雨により側溝やマンホールの蓋が外れていることがあるので注意しましょう。
  • 土砂災害のおそれがある場合、避難に危険を伴う時や、避難の猶予がない時は、近くの頑丈な建物に逃げ込んでください。そのいとまもない場合は、家の中でより安全な場所(がけと反対の2階の部屋など)に避難をしてください。

避難情報の入手方法

市では国(気象庁)と宮城県が共同で発表する「土砂災害警戒情報」をもって避難情報を発令します。市が発令する情報は「杜の都防災web」や「杜の都防災メール」で確認することができます。「杜の都防災メール」には登録の手続きが必要です。詳細はリンク先の説明をご参照ください。

お問い合わせ

危機管理局減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3048

ファクス:022-214-8096