更新日:2021年5月31日

ここから本文です。

内閣府からのお知らせ

消費税の適格請求書等保存方式の導入について

平成28年度税制改正法における消費税法の改正により、令和5年10月より適格請求書等保存方式(いわゆる、インボイス制度)が導入されることとなりました。
インボイス制度においては、消費税の仕入税額控除のためにインボイスの保存が必要になり、インボイスの交付を行うためには本年10月1日に開始される税務署への「適格請求書発行事業者」としての登録申請が必要になるといった現行制度からの変更点があります。また、制度の円滑な移行のため、免税事業者からの仕入れについても、制度導入後の3年間は仕入税額の80%、その後の3年間は仕入税額の50%を控除できる経過措置が設けられています。

詳細については、以下のリンクを参照願います。

マイナンバーカードの健康保険証利用の促進及び業界団体・個社の取組の好事例の情報提供について

内閣府より、マイナンバーカードの普及促進について、別添のとおり周知依頼がありましたので、ご案内いたします。

マイナンバーカードの積極的な取得について

内閣府より、QRコード付き交付申請書を利用したマイナンバーカードの積極的な取得について、NPO法人の皆様への周知依頼がありました。
つきましては、法人の従業員等に対し、交付申請書が送付されることの情報提供及び当該交付申請書を活用したカードの申請についての呼びかけを行っていただきますよう、お願い申し上げます。
なお、従業員等への呼びかけの際には下記ホームページ・資料についてもご活用下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局市民協働推進課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階

電話番号:022-214-1080

ファクス:022-211-5986