現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2015年度(平成27年度) > 1月 > 平成27 年国勢調査による仙台市の人口(速報)(発表資料)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

平成27 年国勢調査による仙台市の人口(速報)(発表資料)

(担当)市民局広聴統計課
(直通)022-214-6131

昨年10月1日を基準日に全国で実施された第20回国勢調査の結果について、総務省統計局による速報値の公表に先立ち、本市で行った人口および世帯数の独自集計結果がまとまりました。

なお、この集計結果は、総務省統計局の速報値(2月公表予定、官報に公示)とは異なる場合があります。

1 本市集計結果

人口集計結果

(1)市全体の状況

平成27年10月1日時点の仙台市の人口は、1,082,185人で前回調査(平成22年国勢調査、以下同じ。)時に比べ36,199人増え、増加率は3.5%となりました。

人口を男女別にみると、男性が527,059人、女性が555,126人となり、1世帯あたりの世帯人員は2.17人で前回調査時に比べ0.08人減少しました。

(2)各区の人口と世帯数

各区の人口と世帯数を見ると、秋保総合支所管内を除く全ての区・総合支所において、人口・世帯数とも前回調査時に比べ増加しました。増加数・増加率では、青葉区が最も大きく伸びた一方、宮城野区と若林区は比較的小さい伸びに止まりました。

また、1世帯あたりの世帯人員を見ると、青葉区全体では1.96人と市内で最も低い値ですが、宮城総合支所管内に限ると2.70人と逆に最も高い値となりました。

2 本市人口の推移

国勢調査による人口推移

(※)平成27年値は今回の速報値、その他の値は各年国勢調査の確報値、各年10月1日時点人口

(※)平成2年の増加率算出に使用した昭和60年国勢調査人口は、現在の市域に組み替えたもの

政令指定都市に移行した直後の平成2年国勢調査人口は918,398人でした。その後、増加率が低下したものの増加傾向を維持。平成22年・27年には増加率も上昇し、現在に至っています。

3 国勢調査結果の公表予定

都道府県・市区町村の状況をまとめた全国の速報集計は、総務省統計局より、来月(2月)に官報に公示予定です。また、今回公表した項目の確報値のほか、年齢別などの詳細な集計は、総務省統計局より本年10月以降に順次公表される予定です。詳しくは総務省統計局webサイト「平成27年国勢調査に関するQ&A」http://www.stat.go.jp/data/kokusei/qa.htm(外部サイトへリンク)をご覧ください。