現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 7月 > 有形文化財(建造物)の登録について

更新日:2021年7月16日

ここから本文です。

有形文化財(建造物)の登録について

文部科学省文化審議会は、本市所在の文化財9件を登録有形文化財として登録するよう、7月16日(金曜)に文部科学大臣に答申しました。

文化財概要

答申した文化財
名称 年代 所在地
旧東北帝国大学理学部生物学教室 大正13年建築/平成7年、令和元年改修 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-5)
旧東北帝国大学法文学部第二研究室 昭和2年建築/平成16年改修 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-1)
旧東北帝国大学工学部機械学及び電気学教室 昭和5年建築/平成19年改修 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-1)
旧東北帝国大学工学部機械学及び電気学実験室 昭和4年建築/平成25年改修 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-1)
旧仙台高等工業学校建築学科棟 昭和5年建築/平成26年改修 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-3)
本多記念館 昭和16年建築/平成6年改修 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-5)
旧制第二高等学校正門 明治22年頃建築/昭和11年、同20年、同25年、同43年、平成8年移築 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-1)
旧東北帝国大学正門(東北大学正門) 大正15年建築/昭和40年代改修 東北大学片平キャンパス(青葉区片平2丁目1-1)
東北学院大学正門 大正15年建築/昭和60年改修 東北学院大学土樋キャンパス(青葉区土樋1丁目1)

  

新登録有形文化財(建造物)に関する説明資料

 建造物の概要についてはこちらをご覧ください。

【新登録有形文化財(建造物)に関する説明資料】(PDF:3,601KB)

登録文化財について

登録文化財制度の概要

登録文化財制度は、文化財保護法の一部を改正する法律(平成8年10月1日施行)によって導入された制度です。従来の文化財指定制度が、手厚い保護とともに、現状変更を原則禁止するなどの強い規制を行うのに対し、登録文化財制度は、届出制と指導・助言などを基本とする緩やかな保護措置を講じることによって文化財の活用を促し、国や地方公共団体の文化財指定制度を補完するものとなっています。
制度の導入時は建造物のみを登録の対象としていましたが、文化財保護法の一部改正(平成17年4月1日施行)により建造物以外の有形文化財、有形民俗文化財、記念物にも対象が拡大され、今年(令和3年6月14日施行)には無形および無形民俗文化財が新たに対象となりました。

仙台市内における国登録文化財の登録状況(令和3年7月時点)

登録有形文化財(建造物)  50件 *今回の答申を受けて、59件になる予定です
登録有形文化財(歴史資料)  3件

すでに文化財となっている建物(令和3年7月時点)

東北大学片平キャンパス   国登録文化財5件
東北学院大学土樋キャンパス 国指定文化財1件、国登録文化財3件

問い合わせ先

文化財の制度について

教育局文化財課あてお問い合わせください。

現地取材・写真データの提供について

各所有者へ直接お問い合わせください。
1.東北大学総務企画部総務課
(電話)217-4812
(Eメール)gen-som2@grp.tohoku.ac.jp
2.学校法人東北学院広報課
(電話)264-6423
(Eメール)koho@mail.tohoku-gakuin.ac.jp
取材の手続きは、以下のウェブサイトをご確認ください。
(URL)東北学院大学広報課「報道関係者の方へ」(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局文化財課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎10階

電話番号:022-214-8892

ファクス:022-214-8399