現在位置 ホーム > 食品・生活衛生 > 飲料水(貯水槽水道・井戸水)の衛生対策

泉区

更新日:2022年1月11日

ここから本文です。

飲料水(貯水槽水道・井戸水)の衛生対策

貯水槽水道の衛生管理

貯水槽水道とは

 貯水槽水道とは、仙台市水道局などの水道事業者から供給される水を、受水槽に一度貯めてから、利用者に給水する施設のことをいいます。

 受水槽に入る前の水は水道事業者が管理しますが、受水槽以降の施設と水質の管理は、設置者が責任を持って管理することとなっています。

 貯水槽水道はその規模により、水道法や宮城県条例、仙台市要綱の規制を受けます。

※「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に規定される特定建築物に設置される貯水槽水道については、別途法の規制を受けます。

貯水槽水道の衛生管理について

 水槽(受水槽や高置水槽など)の管理が不十分な場合、ごみや異物の流入、さびの発生などによって、汚れた水になるおそれがあります。設置者は利用者の安全を確保するため、法令等に基づく衛生管理を徹底しましょう。

  • 定期的な受水槽の点検や水質の確認(色・濁り・臭い・味など)
  • 水槽の定期清掃(年1回)
  • 登録検査機関による定期検査の受検(年1回)

 水質に異常が見られる場合や、事故が発生した場合は速やかに保健所にご連絡ください。

水質検査のイラスト

 

井戸水は飲用以外に利用しましょう

 井戸水は外部からの影響を受けやすくため、汚染されやすく、汚染された水を飲用すると健康に悪影響が生じる場合があります。飲用には水道水を使用し、井戸水は生活用水(せんたく水、散水)として利用しましょう。

 やむをえず飲用する場合は、適切な衛生管理を行いましょう。

  • 井戸の周辺は常にきれいにしましょう
  • 定期的に井戸の周辺、本体、内部の点検、清掃をしましょう
  • 日常的に味、色、濁りなど異常がないことを確認しましょう
  • 煮沸消毒や塩素滅菌をしましょう
  • 年1回以上、水質検査を実施し、飲用に適する水質か確認しましょう

関連リンク

詳しくは、くらしの情報でご覧いただけます。

くらしの情報―飲料水

お問い合わせ

泉区役所衛生課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所東庁舎4階

電話番号:022-372-3111

(内線6724~6726)

ファクス:022-372-3522